カジサック100万人
引用元:Yahoo!ニュース


スポンサーリンク


カジサックが100万人を突破したということで話題になっていますが、実際にキングコングの漫才を見たことがない人も多いようです。

フワちゃんTVでコラボしたことで、「え、漫才してたの?」と言う人もいたとかいないとか。

思わず「フワちゃんさん」というカジサック、めちゃくちゃ面白いです。笑

【神コラボ】カジサックとガチで「漫才」やってみた


芸人としてのプライドもあると思うんですが、そういった垣根をこえて漫才をこなすカジサックはさすがですね。

そしてまさかの、ホッピングで飛び跳ねながらの漫才。笑

まさに飛び道具って感じでしたね。

カジサックもチャンネル登録100万人をこえて「これからも変わらず漫才を続けていきたいです」と語っていたので、今後もカジサックの漫才が楽しみですね!

それではベスト3を発表していきます。

スポンサーリンク


カジサックの漫才「M-1の決勝ネタ」


キングコング アパレル店員 島田紳介も絶賛の漫才


キングコングはM-1の決勝にも進出しています。

スピード感溢れる漫才で、観客を爆笑の渦に巻き込みました。

カジサックは、10円はげができるほど追い込まれたようですが。笑

はねるのトビラでブレイクしてからのM-1出場ということで、当時は相当話題になりましたね。

ちなみに、M-1グランプリ2007年の優勝者はサンドウィッチマンです。

M-1グランプリ2007
引用元:M-1グランプリ


正統派の漫才であり、審査員の方も「うまい」と絶賛しています。

島田紳助も高評価ですね。

大人になったキングコングの二人がM-1を語っています。

M-1について熱く語るキングコング!!


西野亮廣がM-1について語っていますが、俯瞰した意見を語っています。

演出と漫才の実力についてなど、かなり裏話的な切り口から語っています。

ちなみに「3時間は長い」そうです。笑

スポンサーリンク


カジサックの漫才「デビュー当時の漫才」


【お笑い】 キングコング 漫才


カジサックの二十歳前後の漫才です。

デビューしたての頃ですね。

西野亮廣の本でも書いてありましたが、デビュー当時はダウンダウンのようなゆっくりとしたテンポの漫才が流行っていたが、そこは逆張りでスピード感を上げてボケの手数の多い漫才を意識していたそうです。

この頃から、西野亮廣の戦略は冴えており、それを愚直に再現するカジサックは最高のパートナーということですね。

もうこの頃から漫才のスタイルが完成されています。

カジサックの漫才「最近のカジサック」


キングコング漫才(天才万博2018)


良い意味で力の抜けた漫才。

余裕すら感じますね、安定感が違います。

スピードも若干ゆるくなっています、まあ30分という時間の問題もあると思いますが。

カジサックのYOUTUBEチャンネルのことや、西野亮廣の本についても漫才のネタにしており、世界観が確立されている印象ですね。

完全に架空の設定という漫才ではなく、二人の日常を漫才にしている感じです。

カジサックが登録者100万人をこえたことで、若い世代にも広がっていることでしょうから、今後どんな漫才をしてくれるのか?非常に楽しみですよね。

カジサックの漫才にネットの声は?


キングコング
引用元:キングコング西野公式ブログ


カジサックの漫才に、ツイッターでは概ね高評価の声が多いです。







カジサックというキャラクターははねるのトビラを知らない人でも楽しめますし、老若男女問わず楽しめる印象です。

リアクションが大きいので見ていて飽きない。笑

またスピード感もあるので、YOUTUBEに慣れた若い世代にも親しみやすいんでしょうね。

今後もカジサックの漫才を楽しみにしています。

キングコングのチャンネルの登録者も100万人こえるのかな?

100万人をこえたカジサックが、どのように活動していくのか?注目ですね。

スポンサーリンク