朝日奈央金髪
引用元:朝日奈央インスタ


スポンサーリンク


最近、バラエティなどに出まくっている朝日奈央。

「うるさい」とツイッターなどでつぶやかれていますが、そう言いながらもついつい見てしまう人が多いようです。

その理由は、朝日奈央のNGなしの貪欲な姿勢

お笑い芸人バリに笑いを取りに行くので、「うるさい」と言われてしまうことも多いです。


もはやアイドルじゃない。笑

そんな彼女の、うるさい名シーンを3つ厳選しました。

また、なぜそんなにも体を張るのか?うるさいのか?秘密は彼女の過去にありました…。

スポンサーリンク


朝日奈央の10円玉でY字バランス


朝日奈央10円玉
引用元:マイナビニュース


朝日奈央といえば、10円玉!

ダウンタウンDXに出演の際、朝日奈央は「目と鼻に10円玉を入れる」という特技を披露。

さらに、Y字バランスという謎の合わせ技。笑

ちなみに10円玉は洗っており、なおかつ目の中に入れているわけではないので安全(?)らしいです。

わーきゃー言いながらバラエティでこういった特技(?)を披露するので、うるさいけど面白い!と最近では朝日奈央のキャラも認知されてきたようですね。

朝日奈央顔面10円玉
引用元:nextnewsya


ここまで体張れるアイドルいますかね?笑

この振り切る姿勢に、賛否両論あるようです。

ちなみにダウンタウンDXでは、他にも体の柔軟性や腹筋する姿を朝日奈央は披露していたわけですが、そこから10円玉と攻める姿勢が「うるさい」と言われる所以でしょう。

いわゆる、お笑い芸人の「爪痕を残す」感覚というか。

スポンサーリンク


モノマネする朝日奈央


朝日奈央モノマネ
引用元:AbemaTIMES


さらに朝日奈央は、いろんなお笑い芸人のモノマネまで全力でやりきります。


そのレパートリーは小梅太夫から、とにかく明るい安村、アクセルホッパー、にゃんこスターと多種多様。

もはや無茶振りでしょう。

本人を超えた!?元アイドルによる完コピにゃんこスター


ここまで完コピするアイドルがいるんだと衝撃です。笑

では、なぜ朝日奈央はここまで体を張るのか?

そこには、涙なしでは語れない理由がありました…。


朝日奈央の挫折の歴史


朝日奈央がここまで全力でバラエティに出るようになった経緯には、挫折がありました。

小学校3年の頃からモデルを目指しており、小学校6年でラブベリーという雑誌に合格。

事務所に入るも、アイドル(アイドリング!!!)として活動することに。

ただアイドルはやりたくなかったそうです。

そんな時にラブベリーが休刊し、そもそも体型的に難しいことに気付きモデルとして挫折。

そこから、アイドルとして活動しつつもバラエティで全力で頑張ることに決めたそうです。

モデル→アイドル→バラエティタレントと進化してきているわけですね。


バカリズムが師匠


朝日奈央のバラエティの師匠はバカリズムです。

朝日奈央&バカリズム 師弟


ちなみにバカリズムは、50回ぐらい朝日奈央を泣かしていたそうです。

デビュー当時の15歳ぐらいからバラエティの流儀を叩き込み、ゴットタンで共演した際にはバカリズムの言葉に涙するぐらいの師弟関係でした。


朝日奈央は毒舌キャラになろうとしていた?

最近では、毒舌キャラで売れようとしていたところを「それだと後半キツイよ」とマジで注意したのだとか。笑

「うるさい」と視聴者に言われるのは許容範囲だけど、毒舌キャラだとキツくなるというのは、リアルな意見ですね。


朝日奈央がさんま御殿初出演で炎上



朝日奈央がバラエティで最初に有名になったのは、さんま御殿です。

哀川翔や石原良純にガンガントークするところから、「この女性は誰?」とツイッターで話題になりました。

キャラが浸透していなかったというのと、バカリズムが言っていたように「毒舌キャラ」に移行していたため視聴者の反感を買ってしまったものと思われます。

朝日奈央が哀川翔に暴言!




キャラ至上主義のテレビ業界の難しさ

芸能界って難しいですね。

面白くないとテレビに出れないですし、かといってキャラをつけすぎてやりすぎると、視聴者の反感を買ってしまう。

同じ「うるさい」でも良いうるさいと悪いうるさいがあるということでしょうか?

「うるさい笑」とテレビを見ている人が笑ってくれるような、そんなニュアンスが理想なのでしょう。笑


まとめ


朝日奈央ツイッター
引用元:朝日奈央ツイッター


朝日奈央がうるさい名場面と、そんな彼女のバラエティで振り切るキャラになった経緯を解説していきました。

最初は「うるさい」と思っていた人たちも、バラエティで朝日奈央が活躍するにつれてどんどんファンになっていったようです。

番組的にも使いやすいというのと、毒舌に振り切ってはいないので好感度も維持しているため、今後も露出は増えそうですね。

スポンサーリンク