8月9日に発売されている、自衛隊防災BOOKがAmazonで非常に売れているそうです。

15万部も売れているようですよ、すごいですね。

世界一受けたい授業でも取り上げられて話題になっています。

最近は異常気象やら台風やらで、何があるかわからないですからね。

そこで今回はその自衛隊防災BOOKの内容についてかいてこうと思います。

自衛隊防災BOOKの内容


基本的には自衛隊の大災害の時にどうすればいいのか?というプロの知恵をかいてくれています。

抽象的な話ではなく、具体的なテクニックを100個掲載しています。

例えば…

・地震発生時、真っ先にとるべき行動
・発災時、子供や高齢者と避難する方法
・シャツを浮き輪代わりにする方法
・一人でけが人を運ぶ方法
・遭難時、生存率がアップする方法
・ハチに刺されたときの対処法


これは、災害以外の時でも役に立ちそうですね。




売れているだけあって、どの本屋さんでも気合入ってますよね。

それだけ日本人の防衛意識が高まっているというのは、いいことだと感じています。


自衛隊防災BOOKの良い感想


次に、内容を踏まえて皆さんの感想をまとめていきます。

・ボランティアなどで活動しているので、そういった目線でも役に立つ。

・災害に対しての意識が変わったので、ぜひ子供にもオススメしたいと思った。

・イラストなどで視覚で理解できるので、いざという時に役に立つと感じた。文字だけの本とは違う。

・日常から使えるテクニックなので、机上の空論ではなくいつなにが起きてもいいように積極的に準備していこうと感じた。

…などなど、様々な良い意見がありました。

実際にかなり売れているので、Amazonのキンドルで読んだ上で子供にプレゼントといって紙の本を買うという人もいるようです。

ただ良い意見ではなく、多少改善を求める意見もありました。

・内容をもっと具体的にしてほしい「ペットをしっかりと抱きかかえて移動」だけではわかりずらい。

これぐらいですね。

ただこれもこの本が悪かったというわけではなく、実際に自分事と考えたうえで「もっと知りたい」ということなので、悪い感想ではなないです。

ますます今後防災の意識は高まっていくと思いますので、一家に一冊は必須の本となりそうです。

Amazonだったら即確実に買えます。

私は電子書籍キンドルで買いました。

自衛隊防災BOOK

楽天はこちら

特にお子さんやご家族にいる方は絶対に必読ですね。

私ももちろん購入しましたが、サバイバル未経験私でもわかる、初心者向けのわかりやすい本でした。

意外と知っていれば防げることってあるんですね。

スポンサードリンク