珪藻土バスマットって便利なんですけど、そろそろ2年たったし買い替えようかと思ったんですね。

でも、肝心の捨て方がわからないという。笑

「どうすればいいんだ?」と混乱する人も多いと思うので、今日はその捨て方をかいていきます。

あ、同じ境遇の人けっこういるみたいですね。




みなさん、混乱してますねえ。笑


珪藻土バスマットの捨て方


基本的には、陶器の日に捨てることになります。


引用https://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/gomi/wakekata/funengomi.html

不燃なんですね。

ただ地域によってこの辺のルールは違うので、あなたの住んでいるところに合わせて捨ててください。


基本的には不燃物扱いだが…


「え、私の地域陶器のないよ?」という人は、不燃物の日に捨ててください。

詳しくは自体に電話するのが一番ですけど、基本的に珪藻土バスマットは不燃物と思っておけば間違いないですね。

ただし例外もあって、粉々にして燃えるゴミに出す…という猛者もいるようです。

この辺はまあ空気感というか、微妙なトコですよね。笑

私は粉々にするのは手間なので、普通に不燃物として処理することをオススメしますよ。


新しい珪藻土バスマットはどうする?


基本的に2年ぐらいで買い替える珪藻土バスマットですが、近くのお店で買うよりAmazonで買う方が安い場合が多いです。

Amazonで珪藻土バスマットをみてみる
値段は5000円以上の物は良い物であるのは間違いないのですが、それを定価で買うのはちょっと気が引けるのが正直なところですよね。

なので、5999円が2999円になっていたりと、本来はそこそこ高いのに3000円ぐらいになっている珪藻土バスマットを買えばまず間違いなく2年はもちます。

アマゾンのレビューなんかを参考に、みてみてくださいね。

それでは。

スポンサードリンク