銀行・信用金庫・信用組合の違いとは!?

お金を預けるところとして銀行、信用金庫、信用組合などがありますが、
多くの人は銀行を利用しているのではないでしょうか。
これらはサービスは同じような形で、預金や振込などもできますが、
具体的な違いとは一体何なのか、こちらでまとめてみました。

銀行

銀行、信用金庫、信用組合では、その経営理念に大きな違いがあり、
制限される法律についても異なっています。

銀行の多くは、一般企業と変わらない株式会社で、利益を求めて運営され、
日本経済や地域経済の円滑化を推進するのが主な役割です。

銀行法が根拠法で、
業務範囲や会員資格などにそれほど制限がないのも特徴と言えます。

 

信用金庫は、地域に密着した金融サービスを提供するもので、
大勢の地域の人のためにサービスを提供し、貯蓄に関するサービスを多く行っています。
非営利法人として運営されており、
会員資格もその地域に居住することなどが条件になっています。

信用組合は、その組合員同士でお互いに助けあうことを目的にしており、
組合員の経済的な発展や成長のためのサービスを提供しています。
こちらも信用金庫と同様、非営利法人として運営されており、
会員になるためにも詳細な資格が必要になります。

 

勤務する人の年収や労働条件の違い

銀行は株式会社であり、取引相手が企業なので成果に応じて利益に変化が生じます。
経営不振により倒産することもあるのが銀行の特徴でもあります。
労働者の年収は一般的に600万円から1000万円、
大きな銀行に関してはそれ以上の年収になることもあります。

その分、責任の重い仕事を任されたり、
毎月のノルマを達成したりしなければいけないことも多いため、
仕事においてのリスクも多くあります。

信用金庫や信用組合は取引相手の多くが個人事業主や一般の個人なので、
大きな金額を扱うことはないですが、大勢の人のお金の管理をすることもあり、
責任はとても大きいものです。
地域の中で、人々に貢献しながら働くといったやりがいも感じやすいでしょう。
収入は一般的な銀行と同程度ですが、
勤務内容はそれほど厳しくない場合も多く、銀行よりは働きやすいと言えます。
人口の少ない地域では、カバーする地域が広くなることもあり、
扱う個人情報などが非常に多くなります。

 

利用する際の注意と選び方

銀行と信用金庫

銀行も信用金庫・信用組合もそれぞれ株式会社や非営利法人であり、
十分に経営ができていなければ倒産してしまったり、業務が正常に行えなくなります。

近年は、特に銀行でも倒産して他の銀行に吸収合併されるようなニュースも見受けられるようになってきています。
先に上げた銀行に関する動画においても、
ひとつの銀行の倒産がさまざまな影響を与えるため、
私たちが銀行を利用する際には、経営状況などもよく確認して選ぶ必要があります。

貯金箱

近年多くなっている、コンビニ系列の銀行やネット銀行の中には経営が危ないサービスも多くあり、
利用する前に十分な注意が必要です。
本当に大切なお金は預けずに自分自身で管理することも意識するとよいでしょう。

お金を預けていた銀行が潰れてしまうとかえってくるお金が半分以下になってしまうこともあるので、
大切なお金は特に気をつけて運用しましょう。

スポンサードリンク