雨水タンク (家庭用)価格が衝撃!知らないとヤバイ

スポンサードリンク

雨水タンク(家庭用)の価格は?


 

雨水タンクにも用途にあわせて様々なサイズが選べます。

初めての方におすすめの小型タンクは、容量が150Lで1万円程度です。

家庭用雨水タンクの価格

プランターの水やりなど雑用水に使う場合に適しています。

容量の小さいものは50Lからあり、コンパクトで置き場所にも困らないのがメリットです。

家庭用の雨水タンクで最も人気なのが、容量150~300Lの中型タンクです。

価格は2万5千~3万円ほどで購入でき、ドラム缶型や箱型のものが多いです。

トイレの洗浄水や庭の手入れで利用でき、本格的に雨水を利用したい方におすすめです。

また、きれいな雨水を溜めたい方には取水器・集水器がおすすめです。

フィルターが内蔵されているため、雨水の細かいゴミまで取り除いてくれます。

価格は5千~1万円ほどで購入できます。




 

どこで買えばいいの?本当に役に立つの?



 
雨水タンクはホームセンターで購入できますが、おすすめはネット購入です。

ネットの方が容量や形、タンクの素材などを選ぶことができるので、置き場所や用途を考慮して様々なサイトを見ながら検討するほうが良いでしょう。

一方ホームセンターでは、雨水タンクの実際の大きさや使用方法などを自分で見て確認できるのがメリットです。

雨水タンクを使うことで、家庭内で大きな節水となります。

雨水はトイレの洗浄や庭の手入れ、プランターの水やり、簡単な庭掃除、敷地内の掃除など幅広く利用できます。

水道水を使った際と比べて、容量300Lの中型タンクでも月に2~3万円ほどの節約になるのです。

例えば、水を集められる屋根の面積が10㎡だとして中型タンクを購入し、1日に30Lの水を利用したとします。

この場合は1年間で使用する水の量の50%を雨水でまかなえてしまうのです。

雨水タンクの注意点


 

家庭用の雨水タンク、注意点はある?


 
雨水タンクは設置工事が必要です。

家の雨どいに取り付けるため、使用したい雨水タンクと家の雨どいが適合するかの確認が必要です。

メーカーによって雨どいの形が異なりますので、雨水タンクの購入前に必ず調べておきましょう。

取り付けは自分でも可能ですが、不安であれば工務店への依頼も検討しましょう。

また、雨水タンクの素材には様々な種類があります。

だいたいの雨水タンクの素材はプラスチックで、最も軽くて設置も楽なのが利点です。

ステンレス素材のものは雨風やサビに強いのが特徴ですが、種類が少なく金額も高めです。

デザイン性を重視したい場合は、壷のような形をした陶器のタンクやアンティーク調の木材タンクなどもあります。

 

家庭用雨水タンクは今後、流行るの?


雨水タンク2015

雨水を溜めておくことで家庭内での節水になり、震災など非常時にも使うことができるとして、近年非常に注目されています。

特に住宅業界では太陽光の設置や蓄電池の導入を積極的にすすめており、雨水タンクもそのひとつです。


地域の自治体によっては、購入助成金制度を設けているところがあります。

購入費用のだいたい1/2(ただし上限は3万円)が助成金として戻ってきます。

まだまだ一般家庭で雨水タンクを導入している件数は少ないですが、震災などによる節水・節約意識が高まっている今だからこそ導入を検討するタイミングなのではないでしょうか。

雨水タンクのメリットとデメリットを専門家が解決!

スポンサードリンク

このページの先頭へ