梅雨前線と秋雨前線の違い!専門家が見分け方も解説

スポンサードリンク

日本には季節の変わり目には梅雨とか、秋雨と言いシトシトと雨が長く続いたり、はっきりしない時期があります。

どちらかと言うと、毎日の生活の中では「湿っぽくて、洗濯物が乾かないとか、出掛けるのがおっくう…」等と、どうしても嫌がられてしまう長雨時期ですね。

雨上がりの虹がきれい


でも、⇑ この長雨の合間に見せてくれる太陽の日差しは、とても綺麗で嬉しいもので、まして虹などを見つけた時の嬉しさと言ったら、誰かに教えたいくらいに幸せな気分になりませんか。

梅雨前線と秋雨前線の違い

 

梅雨前線と秋雨前線の違い!その見分け方は?


 

梅雨前線と言われている物も、秋雨前線と言われている物も、どちらも停滞前線と言う物だそうですね

良く見る気象情報に書かれている、記号は同じになるそうですよ…。

そうなると、一番分かり易い見分け方と言うのは季節なんですね。

*梅雨前線と言うのは…5月~7月頃までに降る雨になるのですね。

*秋雨前線の場合は、9月~11月頃と言う事ですね。

秋雨前線中には台風とセットになることが有ると言われていますね
梅雨前線の時も、台風とセットになることも珍しくないそうですよ。

 

梅雨前線とは?


一般的に言われている、梅雨って何でしょうね…?

暑い夏が、来る前に梅雨前線によってシトシトと降る長雨の事ですか?

梅雨前線とは?

確かにそうですね、それではどうして梅雨前線と言うのが出来る事になるのでしょうね。

気になるので少し調べて見ました。

 

*まず、梅雨前線と言うのは…。

始めに、前線と言うのは暖かい空気と冷たくなった空気の間で、上昇気流生まれます。
その暖かい空気と冷たい空気に隙間に、雲が生まれるのですね。

梅雨前線と言われるのは、雲の帯で長い距離を続いているのです。

強い勢力どうしがぶつかり合って出来たエネルギーの状態を停滞前線と言います。

暖かくなった空気は冷たくなった空気の上の方に上がる事で、寒気が自然に下に落ちて行きます。

この様にして雲ができるのですね。

温まった空気は湿度が高くなり、雲はどんどん分厚くなり雨が沢山含んだ雲に成長して、雨を降らせるのですね。

梅雨前線と言われるのは、雲の厚さよりも幅は広くなるそうです。

梅雨前線が発生してからの雨は、一雨降る毎に暖かくなると言われていますね。

 

秋雨前線とは?


秋雨前線とは?

秋雨前線の雲は、梅雨の雲と比較すると、幅が狭と言われています。

雲の帯幅が広い時には、梅雨の時と同様に、雨が降ると思われる範囲が広と言われていて、シトシトと続く長雨になると言われています。

この雲が出来ている同じ時期に、低気圧が生まれると、どんどん生暖かくて、湿気の多い空気出来る為に、集中的に、急な豪雨に襲われたり、竜巻(9月頃)が発生する事も有りそうです。

秋雨前線は、国内では8月後半頃~ 10月頃に降る長雨のこと。

寒冷前線が通過すると、秋雨前線とは入れ違いに寒気が入る事で、急激に寒くなると言われています。

 

注意する点はある?


9月上旬と言うのは、晩夏から初秋へと変わる時期なので、その年によって、この季節の天候にはかなり違いが見られます。

夏場に蔓延っている太平洋高気圧は徐々に勢いを弱めながら、大陸からは秋の高気圧が勢いを増してくるのですね。

夏の高気圧から秋の高気圧の力関係で、天候悪くも良くもなるのです。

梅雨前線と秋雨前線

*東日本の梅雨と、西日本の梅雨は少し違います。

春雨前線や秋雨前線の時の台風は大雨を降らせる事もあるので注意したい。

梅雨前線や秋雨前には大粒の雨や「ひょう」が降り出す等、積乱雲に注意が必要です。

停滞前線と閉塞前線の違い!注意しないとやばいことに…

スポンサードリンク

このページの先頭へ