花粉症の鼻づまりには鼻うがい!専門家も絶賛

スポンサードリンク

花粉症の鼻づまりには鼻うがいが効果的?

 

花粉が鼻に入ってアレルギー反応を起こした場合、なかなか解消することができません。

また、鼻をかんだだけでは奥に入り込んだ花粉は取り出すことができません。

鼻うがいは、鼻の粘膜に付着してしまった花粉や埃までを一気に洗い流してくれる方法として、特に花粉症の人に効果があります。

鼻うがいをすることで鼻づまりの元となるヌメリが取れてすっきりすると言われています。

花粉症の鼻づまりには鼻うがい

 

鼻づまりを解消する鼻うがいの方法は?

 

200ml程度のぬるま湯に塩を2g溶かしたものを準備します。

普通のコップではなく、鼻うがい用の専用器具がありますので必ず準備しましょう。

塩は普通の食塩で良いですが、必ずこの2gという量を守りましょう。

塩が入っていないただのお湯を使うと、プールなどで経験したことのあるようなツーンとした感覚になります。

ただの水道水は浸透圧の関係により鼻粘膜にとって多大なストレスとなります。

塩を2g溶かすことで人間の感じる生理的食塩濃度に近付き、ツーンとしなくなるのです。

人間の生理的食塩濃度は0.9%です。

これに対して、食塩を2g溶かしたお湯の食塩濃度は1%になります。

最初の1回目は違和感があるかもしれませんが、ツーンとしないことに気付いた2回目からはスムーズに鼻うがいができます。

この塩を溶かしたぬるま湯を、どちらか一方の鼻の穴から吸い込みましょう。

鼻から吸い込んで口から出す、を左右の鼻の穴で行ないます。

目安は鼻の粘液のヌメリが出なくなるまでです。

鼻うがいの注意点

 

鼻うがいの注意点はある?

鼻うがいの後は絶対に鼻をかんではいけません。

鼻の中に少し水が残ったような感じになりますが、鼻をかんでしまうと耳に水が流れてしまい、中耳炎を引き起こしてしまいます。

鼻うがいの後はお辞儀をするように頭をさげると、鼻の中に残っている水が流れ出てきます。

頭を左右にゆっくりと振り、残った水を出し切りましょう。

また、安易に行なうと鼻の粘膜の機能を損なってしまう場合があるため、鼻うがいのやり方はしっかりと知っておかなければなりません。

 

耳鼻科でも教えてもらえる?

鼻うがいの方法は耳鼻科でも教えてもらえますので、最初の1回目は耳鼻科で行なうと良いでしょう。

1日の鼻うがいの回数は2~3回程度で、何度も洗浄すると粘膜が麻痺して逆に効果が出にくくなります。

最も良いタイミングは朝起きてすぐと、夜に帰宅した時です。

朝の鼻うがいは、寝ている間に鼻の奧にたまってしまった鼻水を洗い流して鼻通りを良くするためです。

夜の帰宅後の鼻うがいは、その日に外で吸い込んできた花粉や埃などを洗い流して花粉症対策・風邪対策とするためです。

鼻づまりには鼻うがい
ネティポット (鼻洗浄)

本当に花粉症にきくのか?

鼻うがいは耳鼻科では鼻洗浄の基本として昔から行なわれていた方法です。

鼻づまりの軽減だけではなく、鼻の皮膚創傷の治療としても効果があると言われています。

鼻の中にたまっている花粉や埃、ウイルスなどが洗浄されて、鼻づまりだけでなく喉の痛みも解消され、風邪予防にも効果があります。

鼻うがいのやり方で注意する3つのポイント!

スポンサードリンク

このページの先頭へ