母の日はプリザーブドフラワーが1番おしゃれ!花マニアが語る

スポンサードリンク

もうすぐ母の日ですね。

お母さんへのプレゼントは決まりましたか…?

最近ではネット通販などで、プリザーブドフラワーを送られる人も、多いそうですね。

ただ、おしゃれな物ってあまり無い様な気がするのですが、出来るならみんなとは少し違っていて「、ステキ…!」と思って貰える様な「おしゃれなもの」を準備したいですね。

母の日はプリザーブドフラワーがおしゃれ

 

母の日はプリザーブドフラワーがおしゃれ

 

一般のお花屋さんにでも、近頃は扱われているお店も見かけますが、一般のお花屋さんは基本的に生花が専門なので、あまり気の利いた物は置いてないと思われます。

プリザーブドフラワーを送りたいのなら、思い切って母の日に間に合う様に、自分で作るって言うのも手では有りませんか。

母の日プレゼントはプリザーブドフラワーで手作りしよう‼


案外簡単に出来ますよ。

自分で挑戦して作って見るのも、お母さんに喜んでもらえる事受け合いだと思いますね。

その過程が大事というわけですね。

 

プリザーブドフラワーとは?なんで母の日におくるの?

プリザーブドフラワーを母の日に

出来れば、長く楽しんでもらいたい! そんな意味から『プリザーブドフラワー』を選ぶ人も多くなっていますね。

お菓子の箱を開けると、⇓ カラフルで華やかで可愛い花が入っていたり、バスケットの中に花を入れる事で

花瓶はいりません。

もちろん水も必要ないので、そのまま飾れて、いつまでも楽しめますね。






 

プリザーブドフラワーを買うときの注意点とは?

 

プリザーブドフラワーは送る事を決めたら、出来るだけ長く鑑賞して貰える様に注意点を調べて、カードにメモをして一緒に送るのも気が利いていますね。

母の日の注意点

注意点は…。

直射日光、エアコンの風が直に当たる所も良くありませんし、水気は特に好みません。

直射日光が当たってしまうと、プリザーブドフラワーの花弁が透けるような感じになってしまいます。

 

いつから母の日にプリザーブドフラワーを贈る事が一般的になったのか?

 

始めは赤いカーネーションを送る事で、送られた人が、毎日の水やりや管理に手間をかけなくて、長く楽しんでもらいたい…。

そんなところから、母の日やギフトとして『プリザーブドフラワー』を送られる様になったのではないでしょうか。

プリザーブドフラワーを ⇓ この様なカプセルに入れて置くるのも可愛いですね!

ブリザードフラワーのカプセル

「長い間綺麗なままで…」
を目的に作られているプリザーブドフラワーですから、
長期保存もできて、
ブーケにする事も花器にアレンジするのもOKですから。

スポンサードリンク

このページの先頭へ