造幣局桜の通り抜けの日程!2015年度版

スポンサードリンク

造幣局は、主に貨幣の製造、勲章・褒章の製造・金属工芸品などの製造をしています。

そんな場所が年に1回の桜の開花時期に合わせて旧造弊局構内旧淀川沿い全長560mにわたって一般花見客に開放するものです。

今回はその造弊局桜の通り抜けについての情報を紹介したいと思います!

造弊局桜の通り抜け
造幣局の妹背という桜の品種写真です。

 

造弊局桜の通り抜け開花はいつ頃?日程は?

 

2月19日に出された桜の開花予想を見ますと

大阪…開花 3月27日
満開 4月3日

※ 造幣局の桜は大半が遅咲きの八重桜となっておりますので、4月の中旬頃に開花の予想ですので、近畿地方は約1週間前後で満開となります。

なお、気候の変動により開花や満開の期間が多少異なることがありますのでご了承下さい。

 
造幣局の桜の種類

造幣局には妹背(いもせ)の他にも東錦(あずまにしき)、天城吉野(あまぎよしの)、天の川(あまのがわ)、雨宿(あまやどり)、綾錦(あやにしき)、有明(ありあけ)伊豆最福寺枝垂(いずさいふくじしだれ)、市原虎の尾(いちはらとらのお)、一葉(いちよう)、早晩山(いつかやま)、糸括(いとくくり)、伊予薄墨(いようすずみ)など、131品種・350本の花々が皆様のお越しを待っています。

なお、造幣局の桜の通り抜けに関しましては、毎年桜の開花から7日間のみの開放となっておりますのでご注意下さい。

 



上の動画は、造幣局の桜の通り抜けの動画になっています。

まず、はじめにご覧いただくといいと思います。

 

桜が美しくみえる方法とは?


 
さて、豆知識として私が教えるのは、桜が一番美しく見えるポイントです。

桜を見に訪れた時、誰しも写真を撮らずにはいられないと思います。

そこで、プロのカメラマンが教える一番美しい桜の撮影方法を教えます。

桜を撮る時、皆さんはよく花のすぐそばまで寄ったり、水際などの風景を入れて撮ろうとしている人が大半だと思います。

私もその一人です。

お花見シーズンが到来すると、写真愛好家の方々が三脚を並べて次々と撮影ポイントで本格的なカメラを持ち撮影していますね。

しかしせっかくの桜並木を絵画のように見ている人にとっては、ふさわしくない光景でもあります。

桜は1本1本通路から見た時に一番いい絵になるように設計されているのです。

画面の構成と光の具合に気を配れば、誰だって屏風絵のような綺麗な写真を撮ることができます。

私は、写真を撮るとよくユニークな構図だねと言われてしまうのですが、

この撮り方を試して綺麗な写真を撮りたいと思います。

皆さんもぜひ試してみて下さいね!




 

造幣局の桜の通り抜けの日程やアクセス情報

 

キャプチャ
引用http://www.mint.go.jp/enjoy/toorinuke/sakura-map.html

上の画像は昨年の桜の通り抜けのマップです。

2015年も、4月11日以降に開放される傾向にありますが、詳しくは3月中旬頃に決定予定です。

時間:平日は午前10時〜午後9時まで

土曜日・日曜日は午前9時〜午後9時まで

※ 日没後には、ぼんぼりなどでライトアップを行います。

※ 週末は、混雑が予想されますのでなるべく平日のご見物をオススメします。

 

アクセス情報


大阪府大阪市北区天満1丁目1−79


地下鉄谷町線・京阪本線「天満」駅(京阪本線口・2号出口)徒歩15分

JR東西線「大阪天満宮」駅(JR2号出口)下車 徒歩15分

JR東西線「大阪城北詰」駅(3号出口)下車 徒歩15分



注意点

・会場内でのご飲食、喫煙は全面禁止です。

・ロープで規制されている場所への立ち入りは固く禁止いたします。

・自転車でのご入場はできません。

・ ペットのご入場もできません。

これら全てを守って美しい桜並木を楽しみましょう!
ご協力をお願い致します。

記事の情報は参考までに、ぜひ本物の桜の通り抜けを訪れて下さい。

スポンサードリンク

このページの先頭へ