母の日のプレゼントの相場は?最低ラインを知っておけ

スポンサードリンク

一年に一度の母の日…、祝日ではないがイベントとしてみんなが認めている感謝の日!

いつも母親には、感謝しているし一番に自分を分かってくれている・・・、と分かっていても中々素直には成れないのが、自分と母の距離。

母の日のプレゼントの相場

子供の時から母の日だけは、なぜだか素直になれる。

今年も感謝の気持ちを何で表そうかと、すこし真剣になる。
 

母の日のプレゼントの相場は?

 
子供の頃の母の日のプレゼントと言えば、似顔絵だったり、肩たたき券だったり、おつかい券だった事を思い出す。

いつの頃からか、買った物をプレゼントする様に定着しているが、いつも気になるのが、みんなはどの位の物をプレゼントしているのだろう…?

相場をネットで調べて見ました。

母の日のプレゼントに使う金額には、1位に上がったのが、4000円~6000円位の範囲内で選ぶと言うのが多く、2位は2000円~4000円以内と言うのが多かったです。

と言う事は、2000円~6000円と少し金額の振れ幅は広いのですが、この範囲で選ぶのが安全地帯と言う事ですね。

母の日のプレゼント
 

どんなプレゼントをおくる人が多いのか?

 
母の日のプレゼントって、昔は赤いカーネーションが多かったそうですが、現在では洋服だったり、アクセサリーだったり、勿論ですが花も有りますね。

ただ、プレゼントをする母親が、側にいるのか若しくは遠く離れているのかで、送る物にも変化は有ると思います。

私の友達(女子ですが…)は毎年、自分で作ったアレジメントフラワーを、母の好きな色合いで作ってプレゼントしているそうですよ。

母の日用 バルーンフラワー MOTHER CUTE マザーキュート


最近では、お花屋さんからのお花宅急便と言うのもありますので、離れていてもお花を贈るのも良いのではないでしょうか。

皆さんが母の日プレゼントとして選んだのは
1位…カーネーション等のお花
2位…大好きなスイーツ
3位…衣類とか小物雑貨
その他にも、家族と一緒に外食に出掛ける!と言うのもありましたよ。
 

失礼じゃない最低ラインとは?

 
子供のうちは、手作りだったり、おこずかいを溜めて帰る範囲の物で充分に喜んで貰えたのですが、社会人になった今では、あまりに安いプレゼントをもらったとしたら、貰った側も微妙な気持ちではないでしょうね。

そうですねぇ~、前の項でも述べましたが、2000円位は掛けても良いのではないでしょうか。

母の日の渡し方
 

渡す際に感謝してもらえるポイントとは?

 

毎日家事をしている、そんな時に突然の「お母さんありがとう…」の言葉を掛けられるのも、感動の一時ではないでしょうか。
母の日の思いで
逆に一人の時に、プレゼントが送られてきたり、中にメッセージカードなどの感謝の言葉などにも、嬉しさは溢れるのではないでしょうか。

ちなみに私事ですが、子供が小さい時に肩たたき券を貰い、実際に肩を叩いて貰った時は、全く効き目は無かった様に覚えて居るのですが、あったかぁ~い涙が出て来た事を思い出しました。

スポンサードリンク

このページの先頭へ