そうめんとひやむぎ、うどんの違いをサルでもわかるように解説w

スポンサードリンク

うどんそうめん違いも明確ですが、意外と分かりにくいのが「そうめん」と「ひやむぎ」です。

同じような見た目で、味の違いもさほどないので、混同している人も多いでしょう。

夏の風物詩とも言えるそうめん、ひやむぎの違いはなんなのでしょうか。
 

【うどん、そうめん、ひやむぎの違いとは?】

 
うどん、そうめん、ひやむぎの違い
 
うどんとそうめん、ひやむぎは料理をする時にはそれほど違いは気になりませんが、食べるときや選ぶ時には何が違うのかわからないものです。

特に目立った違いは麺の太さで決まっており、材料で区別されることもあります。

そうめんは日本全国でも有名で、特に愛知県の特産物としても知られています。

ひやむぎも地域によっては知られていますが、明確な違いはやはりJAS日本農林規格で定められている太さの差です。
 

そうめんの特徴

 
そうめんの違い
 
そうめんは、漢字では「素麺」と書き、断面が0.7mm~1.2mm程度のものを呼びます。

愛知県の特産物としても知られており、簡単に湯通しして食べられるため、お手軽で晩酌のお供や軽食としても人気があります。

薄めのつゆに付けて食べるのが一般的で、風味や味わいもさっぱりとしています。

早ければ1分もあれば食べられ、その細さゆえに独特の触感があるのも人気です。

薬味としてみょうがやネギを添えるのもおいしく、素材そのものはあまり味はないですが、食感を楽しめるものです。
 

ひやむぎの特徴

 
ひやむぎの違い
 

ひやむぎは、素麺よりも太さがあるものを指します。

うどんと素麺の間のものをひやむぎと呼ぶと考えるとよいでしょう。

ひやむぎは、漢字では「冷麦」と書き、麺の太さは1.2mm~1.7mm程度で、少し歯ごたえもあります。

パスタと似たような食感になることもあり、和風パスタのレシピとして使われることもあります。

料理するのも簡単で、お手軽に作れて食感も強いのでお腹にたまるのも早いです。

さっぱりとした味わいが人気で、素麺よりがっつりと食べたい時には冷麦もよいでしょう。

薬味は同じくネギやみょうが、わさびが採用されます。

地域によってはきしめんと言われることもあり、厚さ2mm、幅が4.5mm近くあるようなものは平たい麺として楽しまれます。

きしめんなどは山梨県や長野県で楽しめるほうとうに似たような麺となり、地域の郷土料理としても人気です。

 

うどんの特徴

 



うどんは、これらよりも太いもので2mm以上の太さのものは基本的にうどんと呼ばれます。

食感も十分で、お腹にも貯まる上、食べやすく味わい深いのでどれも人気があります。

料理がしやすい事もあり、お蕎麦やラーメンと共に比較されることもありますが、他にはない食感が特に人気です。

食欲がなくなる真夏などには特に愛用されており、日本には欠かせない食材といえるでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ