パフェとサンデーの違いは?スイーツマニアが秘密を暴露

スポンサードリンク

ファミリーレストランなどで多く楽しめるパフェサンデーは、大人にも子どもにも人気が高いスイーツの一つです。

しかし、名称での違いはあまり感覚的には分からず、食べるときにもそれほど気にしないでしょう。

今回はこのパフェとサンデーの違いをまとめてみました。
 

【パフェとサンデーの違い】

 
パフェとサンデーの違い
 
パフェとサンデーは器や内容で大きく区別されており、それほど明確な違いはありません。

どちらかというとパフェのほうが大きく、サンデーのほうが小さい場合が多いです。

また、サンデーは生クリームがのっていたり、ケーキやクッキーが多くのっていたりするなど、トッピングも多い場合が多いです。

パフェは、フルーツや生クリーム、アイスなどものっていますが、元がフランスの言葉で、スイーツとしての存在感が大きいです。

サンデーは、アメリカで生まれた言葉で、比較的ポップな雰囲気や自由度も高いものです。

 

【パフェの特徴】

 
パフェの特徴
 
パフェはフランスで生まれたお菓子とも言われ、パルフェというようなものに似ています。

スイーツやフルーツがふんだんに盛り込まれており、細長いグラスに盛り付けされることが多いです。

カクテルグラスに入れられることもあり、逆円錐形の入れ物に詰め込まれているものは多くの人が見たことがあるでしょう。

値段も1000円程度かかることもあり、サンデーに比べると高級感もあるスイーツです。
 

【サンデーの特徴】

 
サンデーの特徴
 
サンデーは、アメリカで人気が高いもので、どちらかと言うと丸型のケースに入れられたスイーツです。

パフェよりもお手軽に楽しめるもので、値段も安いです。

スイーツとしてはバナナやさくらんぼ、みかん、りんごなどがのせられることが多く、パフェに比べるとあまり高級感はありませんが、気軽に楽しめるスイーツとして人気です。

アメリカでは日曜日にのみ売られていたとも言われ、この名がつけられたそうです。

アメリカでは日曜日は安息日と言われており、あまり贅沢なものは食べない風習があるので、質素に楽しめるサンデーが生み出されたという説もあります。





パフェとサンデーまとめ


パフェもサンデーもアイスクリームを中心としたスイーツで、サンデーのほうが質素なスイーツです。

そのため、盛り付けなどでシンプルなものはサンデー、いろいろなものがふんだんにのせられている場合にはパフェと違いを区別する人もいます。

また、サンデーは器がプラスチックであったり、丸いシンプルなグラスであったりするので、容器による区別も分かりやすくてよいでしょう。

シンプルならばサンデー、贅沢な盛り付けであればパフェと捉えるだけでも違いは分かりやすくなるでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ