エイプリルフールのネタ(恋人編)恋愛マニアが選んだよ

スポンサードリンク

恋人に言われた、エイプリルフールのネタ一覧

 
【彼氏から彼女へ】

・さっき事故って人をひいてしまった

・会社が倒産したから俺のこと養ってほしい

・実は俺、結婚してるんだ

・○○(彼女の友人)から告白された

・今まで隠してたけど、本当は女なんだ

・会社をクビになった

・テレビが、明日で地球崩壊のニュースやってる
 
エイプリルフールネタに、恋人はどう反応する
 
【彼女から彼氏へ】

・借りてたあなたのパソコン壊しちゃった

・(共通の)上司から食事に誘われた

・あなたとの将来が不安だから別れて

・親が勝手に決めた相手との結婚がきまった

・○○(彼氏の友達)のことが好きになっちゃった

・親が夜逃げしたからお金かして

・来月から海外に転勤になった



 

エイプリルフールネタに、恋人はどう反応する?

 
ここは相手の話に乗って、信じている反応をする方がベストです。

相手が悲しい話をしてきたら、こっちもそれなりの反応をして深刻な表情になってみましょう。

相手も、まずいと逆に焦るかもしれません。

カップルでエイプリルフールを一緒に楽しんじゃいましょう。

「今日はエイプリルフールだからどうせ嘘でしょ」と最初から冷めた態度で話を全く真に受けずにいると、本当の話だった時に取り返しのつかないことになってしまいます。

中には現実に起こり得るような嘘もあって、本当なのか判断がつかないネタもあり困りますよね。

カップル間の嘘でデリケートな話題(別れる、浮気)などは、避けたほうがその後のためかもしれません。

後々ふたりで笑えるような嘘が理想です。



エイプリルフールの由来


エイプリルフールの由来

実はエイプリルフールには確たる由来がありません。

最も有力な由来は、フランスの「嘘の新年」からきていると言われています。

フランスの新年は3月25日からとされており、4月1日を最終日として春を祝うお祭りが行われていました。

しかしシャルル9世という新しい王に代わり、新年を1月1日とするグレゴリオ暦が採用されました。

これに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」と騒ぎ立てるよになりました。


この反発がシャルル9世の怒りをかい、騒ぎ立てた人々は次々と捕まり処刑されてしまいました。

このシャルル9世の行動に人々はショックを受け、悲しみを忘れないようにとして毎年4月1日に抗議の意味を含んで馬鹿騒ぎをし続けたのです。

エイプリルフール(April Fool)は、「4月にだまされた人」という意味で、4月1日の正午までは嘘が許されるとされてきました。

 
日本では…

日本に伝わってきた経緯は定かではありませんが、江戸時代の頃は4月1日を「不義理の日」と呼んでいたようです。

嘘をつく習慣はなく、不義理を詫びる日とされていました。

その後、大正時代にエイプリルフールが「四月馬鹿」と訳されたことから、嘘をついても良い日と解釈されていったのです。

エイプリルフールの告白がネタかどうか見極めるたったひとつの方法

スポンサードリンク

このページの先頭へ