イースターエッグの作り方が簡単すぎるwプロ直伝

スポンサードリンク

イースターエッグの作り方は簡単なのか?

 
イースターエッグは世界各国で認識されており、おもに子どもが作るものとされています。

家や学校の授業の一貫で作ることも多く、簡単に作ることができます。

金曜日にイースターエッグを作り、月曜日にプレゼントするのが習慣でした。

イースターエッグの作り方は簡単
 

イースターエッグの簡単な作り方

 
必要な材料

材料は卵と着色用のクレヨンや絵の具、装飾をする場合はリボンやビーズと接着剤などです。

本格的な着色にはろうが使われていましたが、近年は簡単な方法で着色される方が多いようです。
 
作り方

イースターエッグは生卵の状態から中身を抜いて空にする作り方と、ゆで卵にして色をつける方法の2通りの作り方があります。

生卵の状態から始める際は、慎重に中身を抜き出します。

フォークや画鋲など先のとがったもので卵に小さな穴をあけ、つまようじで黄身を潰してゆっくりと中身を流し出します。

中身が全て出たら殻を水ですすぎ、乾燥させます。

次に、中身が空になった卵または、ゆで卵に着色します。

クレヨンや絵の具、ペンなどで自由に模様を描きます。
 
ろうを使って着色する場合は、ろうを溶かしてエッグ用筆に少しずつろうを取り、対角線を引きながら少しずつ色を付けていきます。

なれると簡単ですよ。

ろうで卵に模様をつけてから着色することで、ろうで描いた部分のみが白く浮き上がって模様になるという仕組みです。

昔からろうを使った着色法が主流でした。

動画で見ると、わかりやすいです。





 

イースターエッグを作る際の注意点は?


イースターエッグを作る際の注意点

模様に意味はあるの?

模様には大きく分けて幾何学模様とモチーフがあります。

幾何学模様には、考古学的意味や呪術的意味があり、宗教の考えに基づいています。

モチーフで最もよく使われるのが星です。

星は宇宙を象徴しており、邪悪な呪いから身を守ってくれると考えられています。

また、流れ星が人の死とつながっているという考えのもと、生命の象徴としても星が使われています。

卵をぐるりと巻くように描かれる「波模様」は、終わりと始まりがないことから、永遠を意味しています。

動物のモチーフで、蛇は魔よけ、魚はイースター期間に肉が食べられないキリスト教徒にとっての重要な食べ物、カエルは大地や農業にとって大切な雨、を表しています。

イースターエッグをプレゼントする相手にも合わせて模様を決めます。

例えば農業を営んでいる人へは「豊作」や「大地の恵」を願って、麦の穂や波の模様の卵を贈ります。




 

他のもので代用できる?


近年は卵をモチーフにした小物やお菓子などがたくさんあります。

本物の卵を使わずに、卵の形をしたおもちゃやチョコレート、砂糖菓子など、子どもがもらって喜ぶものが増えてきています。


また、近年は模様の意味などを持たせずに独自で卵をデコレーションしてイースターを祝うやり方もあります。

イースターエッグを作る際の注意点

リボンを巻きつけたりビーズを接着したり、芸術感覚でイースターエッグを作成するアーティストもいます。

また、自分で着色をせずに、模様がついたラップのようなものを卵に巻きつけるだけで完成する「エッグラップ」もあり、手軽に作ることが出来ます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ