ハワイのイースターがやばすぎるw2015年版

スポンサードリンク

2015年のハワイのイースターイベントはどんなものがあるのか?

 

ハワイの多くのお店でウサギや卵をモチーフにしたグッズが飾られます。

期間限定の食べ物もあり、カラフルが街中を彩ります。

アラモアナショッピングセンターやカハラモールでは、イースターバニーによる写真撮影会が行われます。

ハワイのイースター

 

イースターバニーが大活躍!

 

レストランでもイースターにちなんだランチやディナーが提供されます。

各家庭や学校、友人同士では「イースター・エッグハント」というゲームが定番です。

カラフルな色で着色したゆで卵を家の庭などに隠し、それを子供たちが見つけてバスケットに入れていくというゲームです。

このバスケットは「イースターバスケット」といい、イースター当日に「イースターバニー」が運んでくるものです。

クリスマスでいう、サンタクロースからのプレゼントと同じです。

 

イベントというよりは習慣

 

バスケットの中にはお菓子やおもちゃなどが入っています。

見つけた数を競ったり、1つしか隠されていない金の卵をみつけたりして遊びます。

このゆで卵に色をつける作業も子供たちが家や学校で行います。

近年はゆで卵ではなく、中にお菓子やおもちゃなどが詰められたプラスチックの卵が主流となっています。

イースター当日は家族で過ごすという習慣があるため、当日は各施設やテーマパークでのイベントはあまり行われていません。

家の近所同士や友人たちとホームパーティを開くことの方が多いようです。

2015年だからというよりも、毎年くる習慣…ということなのですね。

 

2015年のハワイのイースターは何日から何日まで?

 

2015年のイースターは4月5日です。

春分の日から最初の満月の後にくる最初の日曜日なので、毎年日にちが変わります。

ハワイにとってイースターとは?

イースターとは「復活祭」という意味で、キリストが十字架にかけられて亡くなった3日後に復活したことが由来です。

イースターの2日前の金曜日、つまりキリストが亡くなった日を、ハワイでは「グッドフライデー」として祝日と定められています。

グッドフライデーの祝日からイースター当日の日曜までを、ハワイのイースター休暇といいます。

生活の文化や背景にキリスト教があるアメリカ・ハワイではクリスマスと同じくらい重要な日なのです。

ハワイのイースターイベント2015

 

イースターイベントの時にハワイに行くと、結構混むのか?お店は開いている?

 

イースター当日はワイキキを除くショッピングセンターなどは店休日または短縮営業になります。

時間や場所によっては開いていない場合があるので事前確認が必要です。

基本的に家族で過ごす日なので、人の混雑などはあまり見られません。

イースター当日よりも、それまでの期間の方が街中が賑やかかもしれませんね。

ハワイで有名なお菓子、M&M’sやHerseyなどでも期間限定商品が出るため、お土産にもぴったりです。



 

ハワイのイースターイベントに行くときの注意点

 

特にレストランでのイースターランチ・ディナーは毎年込み合いますので、事前の予約をしておいたほうがスムーズです。

また、特に女の子を持つ親は、イースターの日に外出する際は春らしいパステルカラーのドレスを着させることも定番のようです。


イギリスのイースターは?

スポンサードリンク

このページの先頭へ