サイダーとソーダ、ラムネの違い!実は○○だった…

スポンサードリンク

サイダーソーダといった名称は意外と区別なく利用されますが、ラムネという言い方をする場合もあります。

それらにはどんな違いがあるのでしょうか。

サイダーとソーダ、ラムネの違いとは

 

サイダーとソーダ、ラムネの違いとは

 

サイダーは炭酸水に香料や砂糖を加えたもので、ソーダは、純粋は炭酸水を指します。

ラムネはサイダーに近いもので、サイダーの商品名ということもできます。

サイダーで有名なのは三ツ矢サイダーで、1907年から日本で販売されている人気アイテムです。

語源はフランス語のりんご酒で、甘みと炭酸が合わさったものという意味合いもあります。

ラムネはサイダーの瓶に、ビー玉が詰められたものを指す場合も多く、日本では知らない人はほとんどいないといえるでしょう。

炭酸水がソーダで、何か加えるとサイダー、さらにビー玉がつくとラムネ…という違いがあるわけですね。

 

サイダーとソーダとは?

 

サイダーとソーダ

サイダーは甘みがあり、ソーダは甘みがない純粋な炭酸水です。

カクテルに利用されるものでは、トニックと呼ぶこともあり、ソーダ以外の呼び方も世界では多いです。

科学用語では、ソーダは炭酸ナトリウムやナトリウム水和物などを示すこともあります。

サイダーは、三ツ矢サイダーの名前でも知られており、近年は、りんご・青りんご、ももやぶどうといった風味や色がついている物もあります。

コーラの類もサイダーに分類されることがあり、その区別はより細かく別れます。

一般的にサイダーのほうが人気が高く、ソーダはカクテルやお酒を割って飲むのに利用されます。

 

ラムネとは?

 

ラムネ

ラムネは、瓶の口部分がビー玉で封をされたもので、開けるとビー玉が落ちてくるものが有名です。

白く固まった甘みのあるタブレットを「ラムネ」と呼ぶこともあり、サイダーをそのまま固めたような味がするものをラムネ味といいます。

玩具菓子やラムネの瓶に似せた駄菓子も多く、大人にも子どもにも人気があります。

ラムネはイギリスのレモネードが変化したもので、日本ではシム商会という会社が初めて広めています。

神戸の居留地で販売されたこともあり、ラムネやサイダーに神戸のイメージを持つ人も多いでしょう。

ブドウ糖やクエン酸が含まれた錠剤の形をしたものもあり、おまけつきのお菓子にも多くついています。

 

ラムネの可能性は無限大

飲み物だけではなく、錠剤のお菓子としても種類や派生商品が多いのがラムネの魅力で、地域限定の風味を持ったラムネやサイダーも販売されています。

手作りでもできるので、夏休みの自由研究や自分好みの味に仕立てたラムネもよいでしょう。

市販のものだけではなく、自分自身でも手軽に楽しめるのがサイダーやラムネの魅力です。

年代によっては懐かしさもあるので、子どもと一緒に懐かしみながら楽しんで飲むのも良いでしょう。

それぞれの飲み物に魅力があるので、違いを楽しみながら飲むというのも一興なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ