節分の食べ物の意味が意外すぎるw

スポンサードリンク

節分とは季節の分け目のことで、その季節ごとに無病息災を願う行事です。

今となっては2月3日の1回ですが、昔は四季にあわせて年に4回の節分がありました。

無病息災を願う縁起担ぎとして、節分には特定の食べ物が食べられるようになりました。

節分の食べ物の意味

 

節分の食べ物の意味と由来

 

節分の様々な食べ物を紹介(そば、豆、いわし、こんにゃく、その他…)意味や由来を調べてみました。

 

【恵方巻】

近年は節分の定番料理となった恵方巻は、七種類の具材が入っています。

これは七福神を意味しており、具材を“巻く”ことで福を巻き込めるという意味があります。

その年の恵方を向いて、縁が切れないように1本を丸かじりします。

 

【豆】

火で炒ることで邪気を祓った豆を、年の数だけ食べることで健康を願いました。

邪気を祓った豆は「福豆」と呼び、福を食べて自分の体へ取り入れるという意味があります。

節分の豆

 

【いわし】

いわしとは、魚へんに弱いという字で「鰯」です。

また鰯には独特の臭みがあることから、「弱くて臭みのあるいわしを食べることで邪悪な気を追い払える」と考えられていました。

季節の変わり目に魔よけの意味で鰯を食べ、その年の健康を願います。

 

【こんにゃく】

節分にこんにゃくを食べることを“砂おろし”といいます。

こんにゃくは「腸の砂おろし」または「胃のほうき」と言われており、腸内環境を整えてくれる食材として重宝され、健康のために食べられていました。

節分のこんにゃく

 

【蕎麦】

“年越し蕎麦”は前の年の厄を祓って新年を迎えるために食べられます。

節分も同様に蕎麦を食べて、それまでの厄を祓って新しい季節を迎え、健康を願うという意味で食べられています。

節分のそば

食べる際の注意点やルールはある?

上記の食べ物は色々と組み合わせて食べて構いません。

どれか一つしか食べてはいけないという決まりはなく、それぞれに縁起担ぎの意味があるため、もちろん全てを食べても良いです。

 

ただし…

しかし恵方巻には食べ方に決まりがあります。

まず、方角に気をつけることです。

その年ごとに神様がいる向きが変わるため、神様のご利益をいただける方角=恵方を向いて食べなければなりません。

また、食べる際は黙って一気に食べましょう。

途中でしゃべったり、1本を切ったりすると縁が切れることを意味し、ご利益を得られないと言われています。

節分の注意点

 

豆はなぜまくの?もったいないんじゃないの?

 

節分には豆(大豆)をまくのが主流となっています。

大豆は五穀のひとつで、穀霊が宿っていると考えられており、お米に次いで大切にされてきました。

穀霊が宿っている大豆をまくことで悪霊を追い払えるという説や、鬼の目に豆をぶつけて追い払えるという説などがあります。

また、生の豆をまいた後に芽が出ると縁起が悪いことから、必ず炒った豆をまいていました。





現在は…

現在は東北地方を除いて、節分には大豆がまかれています。

東北地方では大豆に代わって落花生がまかれることが多です。

落花生はまいた後の片付けがしやすいだけでなく、寒い地域の豆として東北地方でのみ広まったのです。


節分に目覚めた!方角は?

スポンサードリンク

このページの先頭へ