節分に目覚めた!2015年の方角は?

スポンサードリンク

今年も節分がやってきましたね。

気になるのは、方角です。

そこで、2015年の向きを調べてみました。

参考にしてくださいね。

節分2015年の方角は?

 

2015年の節分の方角は?

 

2015年の恵方は西南西です。

恵方巻を食べるときは西南西を向いて食べましょう。

また、神社へお参りに行くときも自分の家から西南西の方角の神社へ行くと良いとされています。




 

最新!恵方巻の食べ方

 

恵方巻きの食べ方

恵方巻とは巻き寿司のことです。

七福神をみたてて七種類の具材を太く巻くことで、「福を巻き込む」ことを表しています。

昔は七種類の具材が決まっていました。

玉子焼き、桜でんぶ、きゅうり、かんぴょう、しいたけ、穴子、高野豆腐、の七種類です。

 

近年では…


近年は自分の好きな具材を巻く方法も多く、スーパーでは10種類以上の具材を巻いている太巻きが売られているのを目にすることもあります。

サーモンやイクラなどを巻いた海鮮巻きや恵方巻きロールというスイーツもよく見かけるようになりました。

食べる際は、その歳の恵方を向いて願い事をしながら黙って1本を食べきります。

 

恵方巻きの発祥は?

元々は関西が発祥で、江戸時代頃から商売繁盛を願って食べられるようになったと言われています。

当初は恵方巻きではなく「丸かぶり寿司」または「太巻き寿司」と呼ばれていました。

また、食べる時間に関しては特に決まりはありません。

 

恵方巻を食べる際の、注意点はある?

 

恵方巻きは必ず、縁を切らないよう「切らずに1本を食べきる」こと、福が逃げないように「しゃべらず黙って食べること」が決まりです。

食べるときはその年の神様のいる方角を向いて食べ、ご利益を得ます。

これらを守ることで願いが叶うと信じられており、昔からの習慣です。

食べるときは願い事を心の中で念じながら、目をつぶって食べましょう。

 

途中でお茶を飲むな?

 

また、途中でお茶などを飲むこともタブーとされています。

飲み物を飲むことで恵方巻から口が離れてしまい、そこから福が逃げてしまいます。

飲み物は1本食べ終わるまで我慢しましょう。

 

2015年の方角ってどうやって決まるの?

 

そもそも、なぜ方角が決まっているのか?

その年ごとに歳徳神のいる方角は変化します。

歳徳神とは人々に幸福をもたらしてくれる神様として信じられており、節分にその神様のいる方角を向くことで、無病息災や商売繁盛、願い事が叶うなどと言われています。

歳徳神とは別名、大年神、恵方神とも呼ばれています。

節分には、こんな意味があったのですね。

 

恵方巻きの方角

恵方は、その年の西暦の下一桁で決まります。

西暦の下一桁が1または6の年の恵方は南南東より少し南(丙または辛の方角)です。

西暦の下一桁が2または7の年の恵方は北北西より少し北(丁または壬の方角)です。

西暦の下一桁が3または8の年の恵方は南南東より少し南(戌または癸の方角)です。

西暦の下一桁が4または9の年の恵方は東北東より少し東(甲または己の方角)です。

西暦の下一桁が5または0の年の恵方は西南西より少し西(庚または乙の方角)です。

これらは干支の十干によって決められており、5年周期で方角がまわってきます。


節分の食べ物の意味が意外すぎるw

スポンサードリンク

このページの先頭へ