カフェラテとカプチーノとカフェオレとカフェモカの違いw

スポンサードリンク

カフェラテやカフェオレ、カプチーノやカフェモカは似たような名前なのでなかなか違いがわからないですよね。

主にその抽出方法と混ざっているもので区別でき、カフェモカなどはチョコレートシロップが入っています。

その作り方はそれぞれどうなっているのでしょうか。

そこで、違いについて調べてみました。

 

カフェラテ、カフェオレ、カプチーノの違いとは?

 

カフェラテ、カフェオレ、カプチーノの違いとは?

同じコーヒーとミルクを使用したカフェラテ、カフェオレ、そして、カプチーノの明確な違いはコーヒーの入れ方の違いと混ぜるミルクの状態の違いがポイントです。

言葉の違いもあり、フランス語かイタリア語かでも違いがあるので、人によっては勘違いして逆に覚えてしまっていることもあります。

 

カフェラテとカフェオレの違いとは?

 

カフェラテとカフェオレの違い

カフェラテは、イタリア語が由来の名前で、外国語のミルクの呼び方の違いがそのまま影響します。

カフェオレは、フランス語のミルク「レ:Lait」を使用して「Café au lait」と表記します。

それに対して、カフェラテはイタリア語なので「Café latte」と表記するという点で、まず、違いがあります。

 

どこが違うのか?

どちらも日本語ではコーヒー牛乳なのですが、カフェオレは通常のレギュラーコーヒーを元にしていますが、カフェラテは高圧蒸気で抽出するエスプレッソコーヒーが元になっています。

イタリア語では、エスプレッソは「早い」または「急速」という意味があり、レギュラーコーヒーに比べて早く抽出できることから名付けられています。

カフェオレは日本人がイメージするコーヒー牛乳、カフェラテはエスプレッソという苦味が強いコーヒーから作るので甘みは薄い本格的なコーヒー牛乳と考えるとよいでしょう。

さらに、エスプレッソに泡立てたミルクを入れた場合にはカプチーノと呼びます。

 

まろやかさでは…

コーヒーの甘さやまろやかさで言えば「カフェオレ>カフェラテ>カプチーノ」となり、濃度にもよりますが、カプチーノはラテアートなども合わせて楽しめることが多いです。

 

カフェモカの特徴

 

カフェモカ

カフェモカは、カプチーノにチョコレートシロップを溶かしたものです。

シロップではなく、チョコレートをそのまま入れることもあり、熱いエスプレッソでチョコレートを溶かしつつ、スチームミルクを加えるのが一般的です。

カフェモカはカプチーノよりも甘みが強く、ホイップクリームを上にのせることも多く、カフェでも人気のメニューです。

大手のコーヒーチェーン店でもシンプルなメニューとして出されているので女性にも人気があり、気軽に楽しめる飲み物です。

 

アメリカが発祥

アメリカで作られた飲み方ですが、イタリアのコーヒーの入れ方でもあるエスプレッソを生かすので、甘すぎず、程よく苦味が感じられるコーヒーになっています。

大きく区別すればコーヒーとミルクを混ぜる点では同じですが、知っていれば雑学として活用できるかもしれません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ