コーヒーとコーヒー飲料の違い!わかる男になろうぜ

スポンサードリンク

コーヒーコーヒー飲料は、コーヒーが好きな人にとっては周知のことですが、コーヒーを普段飲まない人にとっては、それほど違いは無いかもしれません。

具体的にコーヒーとコーヒー飲料は何が異なっているのでしょうか。

 

コーヒーとコーヒー飲料の違いとは

 

コーヒーとコーヒー飲料の違いとは

コーヒーは、一般的にコーヒーの豆を粉にして抽出したものでレギュラーコーヒーと言われることも多いです。

それに対してコーヒー飲料は、コーヒーの風味を添加物などによって出した飲み物で、清涼飲料水に近いものです。

コンビニやスーパーに紙パックで売られているようなものはほとんどがコーヒー飲料で、レギュラーコーヒーで作られたものではなく、風味だけを似せて作られたものです。

レギュラーコーヒーは、紙のフィルターなどを使用して抽出したものが印象的でしょう。

焙煎された豆をグラインダーやミルという削り器で粉砕してお湯で抽出したものがレギューラーコーヒーで、喫茶店や専門のカフェではこちらが出されます。

 

コーヒーの特徴

 

コーヒー

コーヒーの特徴は、何よりも実際に豆から抽出されていることで、お湯を使用して抽出していることもポイントになります。

生豆を強い火力で焙煎して黒くなった豆を粉にして、紙のフィルターとドリッパーを使用してお湯でコーヒーを抽出します。

カフェインも多く含まれており、テオブロミンやテオフィリンというような成分も含まれ、利尿作用も強いです。

喫茶店で飲むエスプレッソやカプチーノというようなものもミルクやスチームミルクが入ることはありますが、同じく、粉にしたコーヒー豆から抽出するのでコーヒーに分類されます。

 

コーヒー飲料の特徴

 

コーヒー飲料

コーヒー飲料は、コンビニなどでよく売られているパックのコーヒーや自動販売機で売られているものが当てはまります。

また、スーパーにあるようなコーヒー牛乳もコーヒー飲料で、コーヒーの風味を付けたコーヒーのような液体でしか無く、レギュラーコーヒーとは全く別の飲み物です。

カフェインなどもほとんど含まれていないので、利尿作用もないですが、味覚からコーヒーと勘違いしてトイレが近くなる場合もあります。

面白い現象ですねw

 

インスタントコーヒーはどっちなのか?

 

インスタントコーヒーはお湯でコーヒーのような状態になりますが、これもコーヒー飲料に当てはまる場合があります。

コーヒーから抽出した成分を固めただけなので、結局はコーヒーですが、成分だけで入れるのでカフェインも含まれます。

また、コーヒーゼリーはインスタントコーヒーから作られるので、どちらかというとコーヒー飲料近いものです。

それぞれ違いは明確ですが、そこから派生する商品は多いので少し気にしてみてもおもしろいかもしれません。

結局のところ特に拘りがなければ、違いというよりは「本格的に味わいたいならコーヒー」、「それっぽい雰囲気を味わうだけならコーヒー飲料」というアバウトな感じで捉えるのがいいのかもしれませんね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ