春野菜の栽培は簡単w ※ただしコツあり

スポンサードリンク

野菜の栽培が初心者であれば春に収穫するよりも春から栽培を始めるほうが簡単です。

春野菜の栽培は簡単なのか?

 

春野菜の栽培は簡単なのか?

 

春野菜は秋から冬に植え付けしますので気候などの面から手入れが難しくなります。

冬をうまく越せなかったら春になっても収穫ができません。

しかし秋は害虫被害が少ないため、栽培する野菜によっては初心者でも簡単に栽培することができます。

つまり、栽培する野菜を選ぶことが重要というわけですね。

秋に栽培を始めて春に収穫する野菜で、初心者でも簡単なものをいくつか挙げてみます。

 

栽培が簡単な春野菜

 

【ブロッコリー】

春、夏、秋の3つに時期に栽培できますが、秋が最も育てやすいです。

育ちやすい温度は15~25℃ですが、寒さにも強いため初心者でも簡単です。

 

【小松菜】

寒さに強いため冬でも簡単に栽培でき、寒さによって甘みも増します。

肥料も控えめでよく、植え替えができるので何度も育てることが出来ます。

 

【ほうれん草】

寒さに強く、0℃でも栽培を続けられます。

日当たりがよければベランダでも栽培が可能で、12月まで植え付けできます。

また、短期間で収穫できるので2月に植えて4月に収穫できます。

 

春野菜を栽培する際の注意点は?

 

秋は気温の変化が激しく、日中は夏のように暑くても夕方以降はぐっと冷え込みます。

野菜の栽培はとてもデリケートなので、たねを蒔く時期には注意が必要です。

育てる野菜にとってベストな気候でなかった場合は、冬の間に苗が死んでしまったり収穫までに長くかかったりします。

野菜のたねは早くまきすぎても遅くまきすぎても生育に悪影響を及ぼします。

春野菜栽培の注意点

 

初心者でもオススメな栽培方法とは?

 

初心者はなかなかベストな時期が分からないかもしれませんので、段まきという方法がおすすめです。

一度に全てのたねを植えるのではなく、数日ずらして3~5回程度に段階分けします。

そうすることで長期にわたって野菜が収穫でき、たとえ時期をはずしてたねまきをしていたとしても、その他の時期にまいた種が成長してくれます。

 

自分で栽培するメリット

春野菜を自分で栽培

自分で作れば、美味しさが違う

最大のメリットは自分で栽培して食べられることです。

一生懸命に育てた野菜はスーパーで買うよりも美味しさは格別でしょう。

栽培に成功すると別の野菜も育てたくなり、どんどん家庭菜園の面白さにひかれていきます。

 

節約にもなる

また、主婦にとって有難いのが、食費の軽減でしょう。

家のベランダや庭でも簡単に育てられる野菜を選べば、一年を通して家で野菜が栽培できます。

近年の野菜値上がりを考慮しても、自分で栽培するほうが費用を抑えられます。

 

農薬を使わない

無農薬野菜が作れるのも家庭菜園のメリットでしょう。

苗の植え替えや土の状態管理などの手間はかかりますが、自分で育てているので肥料や農薬にも気をつかえますし、栽培過程を見ているので食べる時も安心できます。




 

近年、ますます春野菜が注目されている!

 

春野菜の代表、春キャベツや新たまねぎはどんな料理にも使えて味もしっかり出るという理由で人気の野菜です。

また、小松菜やほうれんそうなどの葉っぱ類は、さっとゆでておひたしにすることで野菜の栄養分をそのまま取り入れることが出来ます。

 

注目されるデトックス効果

季節の野菜の中でも春野菜はデトックス効果が高く、体が元気になる栄養分がたくさん含まれているため、近年は料理レシピも豊富で注目されています。

春野菜は調味料や食材をプラスするだけで美味しく食べられるので、体に栄養分が届きやすく、特に女性に注目されています。

栄養満点の春野菜で体の内側からキレイになりましょう。

 

次は、春野菜の栄養についてみていきましょう。
春野菜の栄養の特徴がえげつないw

スポンサードリンク

このページの先頭へ