春野菜の栄養の特徴がえげつないw

スポンサードリンク

春野菜としてあげられるのは、春きゃべつ、新たまねぎ、アスパラガス、そら豆、たけのこ、ニラなどです。
春野菜の栄養の特徴

春野菜の栄養の特徴は?

 

これらに共通して言えるのは、独特の香りや苦味があるということです。

では、栄養にはどのような特徴があるのでしょうか?

これは“植物性アルカロイド”という成分が関係しています。

春野菜のおもな栄養分はこの植物性アルカロイドの他に、ビタミンやマンガン、鉄、亜鉛などです。

これらの成分すべてに抗酸化力があり、病気や老化の原因となるものを除去する働きがあります。

特にビタミンA・B・Cは体の代謝を高める為に欠かせない栄養成分です。

それぞれの野菜の栄養と効能をみていきましょう。

 

【春きゃべつの栄養の特徴】

ビタミンU・Kが含まれており、胃腸障害に効果があります。

葉に含まれるビタミンCは、2枚食べるだけで1日分のビタミンCをとることが出来ます。

 

【新たまねぎの栄養の特徴】

新たまねぎ

シクロアイリンという成分が含まれており、疲労回復と新陳代謝をあげてくれます。

たまねぎの独特な辛みは肺の機能も高めてくれます。

 

【アスパラガスの栄養の特徴】

胃腸増強に効果のあるアスパラギン酸、貧血や発育不良を防ぐ葉酸、動脈硬化や糖尿病を予防するルチンが含まれています。

また、アスパラガスには肝機能を強める効果もありますので二日酔いにもおすすめです。

 

【そら豆の栄養の特徴】

ビタミンB1・B2・B6や、カリウム、ナイアシンなど、栄養成分をバランスよく含んでいます。

特にビタミンB6は女性のホルモンバランスにも働きかけてくれます。

 

【たけのこの栄養の特徴】

たけのこに含まれる食物繊維にはコレステロールの吸収を抑制する効果があり、生活習慣病の予防にもなります。

その他にたんぱく質やビタミンB2、亜鉛、カリウムなどがバランスよく含まれています。

 

【ニラの栄養の特徴】

ビタミンB1の吸収を高める硫化アリルが含まれており、疲労回復の効果があります。

ニラは温性野菜で、体を温める効果が強いため新陳代謝もあげてくれます。

 

春野菜、料理をする際の注意点は?

 

ニラやアスパラガスの他に、小松菜やほうれん草など色の濃い野菜はゆでた後にすぐ冷水にさらしましょう。

ゆですぎて緑色が落ちてしまうと、野菜にたっぷり含まれている栄養分も落ちてしまいます。

また、たけのこには独特のえぐみがあります。

時間がたつにつれて強くなりますので、できれば掘ってすぐに米ぬかのとぎ汁でえぐみを抜きましょう。

それぞれの野菜の鮮度を落とさないように、保存する際は必ず新聞紙でくるんで乾燥を防ぎます。

野菜そのものの味や栄養素を落とさずに食べたいときは、蒸し野菜にするのがベストです。




 

何で春野菜というのか?

 

野菜にもがあり、その季節にあった野菜を食べれば体の調子を整えてくれると言われています。

春に旬を迎える野菜とは、冬の間に土のなかで寒さに耐えて、春の暖かさと同時に収穫されます。

この野菜を食べると冬に溜め込んだ体の中の老廃物を処理してくれるのです。

春野菜とは冬の寒さで弱った体を目覚めさせる野菜なのです。

春野菜の由来

 

秋野菜との違いは?

春野菜と秋野菜の違い
春は体を元気づけてくれるデトックス野菜なのに対し、秋の野菜は体を落ち着かせる野菜です。

これから寒い冬に入る前の準備として、体内環境を整えてくれます。

秋野菜にはさつまいもやじゃがいも、山芋、れんこんなどの根菜が挙げられますが、どれも体の芯を温めてくれるものです。

春野菜は夏に向けて体を生き生きとさせるためのビタミンやミネラルが多く、秋野菜は冬に備えて体を守ってくれる繊維質が豊富です。

栄養についてわかったら、栽培についても知ると面白いですよ♪
春野菜の栽培は簡単w

スポンサードリンク

このページの先頭へ