シャンパンとスパークリングワインの違い!味はどちらがうまい?

スポンサードリンク

シャンパンとスパークリングワインは似て非なるものというイメージも強いですが、特別な日に飲むとしたらどちらが良いのでしょうか。

その違いを明確にして、お酒もイベントもおいしく楽しめるようにしましょう。

シャンパンとスパークリングワインの違い

 

シャンパンとスパークリングワインの違い

 

シャンパンとスパークリングワインは、どちらも泡が出るお酒としてはとても似ていますが、厳密にはかなり差があります。

シャンパンは、フランスにあるシャンパーニュ地方で作られているもので、炭酸の泡のようなものは人工的に入れられたものではなく、瓶内から自然に生み出される場合が多いです。

それに対してスパークリングワインは、白ワインに人工的に炭酸が加えられたもので、炭酸がどのように入れられたのかという点で違いがあります。

 

品質が良いのは…


シャンパンのほうが、特定の製法で作られている必要があるなど、地方や製法の条件があり、より品質が良いのはシャンパンなのです。

特別な日にはスパークリングワインよりもシャンパンを選んだほうが本場のワインを楽しめるでしょう。

スパークリングワインは、シャンパンに似せたものともいえ、どちらかと言えばシャンパンの方が人気はありますが、風味やおいしさについてはスパークリングワインの方が良い場合もあります。

 

シャンパンの特徴!味は?

シャンパンの味

 

シャンパンは、フランスの無数にあるワインの生産地のうち、シャンパーニュ地方で生産されたもので、かつ、瓶内二次発酵されて炭酸が発生したものを指します。

通常の製法とは少し異なりますが、醸造したワインを二次発酵させて炭酸を生じさせたもので、シャンパンの方が酵母そのものから生み出された炭酸が楽しめます。


味は…


シャンパンは、瓶詰めする際に砂糖と酵母を入れるので、炭酸が発生する上、場合によってはアルコール度数も高くなります。

ほとんど起こることは無いですが、炭酸が発生し過ぎるとフタを空ける時にかなり激しく泡が出てしまうこともあり、開封時には炭酸の膨張が抑えられるように、十分冷却しておいたほうがよいでしょう。

 

スパークリングワインの特徴!味は?

×0ê0ó0È0

スパークリングワインは、一般的な白ワインに後からほどよい炭酸を加えたもので、その炭酸が増えることはないので開封時も安心です。

しかし、白ワインとの相性が悪いと風味も落ちてしまうので、選ぶ時には当たり外れも多いです。

スパークリングワインは、スペイン語、イタリア語で呼び方が変わるものが多く、産地によって色々と名称が変わるのも特徴です。


結局は好み!笑


ガス圧や炭酸の入れ方にもよりますが、炭酸を後から入れたものはスパークリングワイン、シャンパンは瓶内で自然に炭酸が発生したもので、どちらも味によっては十分期待できます。

好みの味によって好きな方を選んで楽しめればよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ