ひな祭りのお祝い!お金はどれくらいがいいの?真剣に答える

スポンサードリンク

ひな祭りといえば、お祝いです。

しかし、「金額はどれぐらいがいいの?」と悩む方が多いそうな。

そこで、今回も調べてみましたよ!

ひな祭りのお祝いのお金

 

ひな祭りのお祝いのお金の相場は?

 

祖父・祖母は雛人形を贈るか、現金の場合は5~30万が相場です。

金額に差が大きいのは、雛人形を購入する際に全額負担するか義理の祖父・祖母や両親と折半するかの違い、その他地域柄の違いなどがあります。

祖父母以外の親族・兄弟は1万円を贈ることが多いです。

友人・知人は3~5千円ほどが相場です。

現金ではなく品物を送る際の金額も同じ相場です。

また、内祝いでお返しをする場合の金額は、貰った金額の3分の1~半額程度にします。

ひな祭りの注意点

 

ひな祭りのお祝いのお金のルールはある?

 

現金を封筒に入れて贈る場合、水引はのし付きの紅白蝶結びを選びます。

表書きは「御祝」、「初節句御祝」または「初雛御祝」や「祝御初雛」とします。

現金の場合はお祝いをする当日に手渡しで構いませんが、祖父・祖母が贈る場合は1ヶ月以上前までに贈ります。

特に雛人形の購入資金とする場合は、お正月があけてからすぐに贈りましょう。

 

注意点

贈る日柄も考慮することが大切です。

節句というお祝い事の日ですので、仏滅や赤口は避けましょう。

どうしてお金を渡すようになったのか?

本来ひな祭りには雛人形を贈るのが慣わしでした。

届く雛人形が多ければ多いほど、子どもは幸せになれると考えられていました。

しかし現在は置き場所などを考慮されて、親族(子どもの祖父・祖母)が雛人形を贈り、その他の親族や友人はお祝いのお金または品物を贈るようになりました。

品物にも好き嫌いがありますし、もし相手の欲しくないものだったら、好みのものではなかったら、という悩みがありますよね。

贈る側も貰う側も、現金が最も手軽で間違いもなく穏便な方法という理由で、現金がおくられるようになったのです。

ひな祭りも、時代によって変わる…ということですね。

ひな祭りの飾りの意外な注意点

 

お金じゃなくてもいいのか?お祝いをするのを忘れたらどうすればいい?

 

できれば、お祝いには現金よりも何か物を選んで贈るほうがよいでしょう。

貰った側は「お祝いを選ぶ手間を省いた」「お金を贈るのであとは好きなものを選んで」というような印象を受けます。

何を贈ってよいか分からない場合は、相手の希望を聞いても構いません。

雛人形でなくても、初節句であればベビー用品でも良いですし、子どもの欲しいものでも良いです。

おもちゃやぬいぐるみが選ばれることが多いようです。

お子様・お孫様のひな祭り・初節句のお祝いに!


 

お祝いを忘れた場合は?

本来は節句当日までにお祝いを贈らなければなりませんが、どうしても贈れなかった場合やうっかり忘れていた場合は、節句後でも構いません。

必ず「遅くなって大変申し訳ございません」とひとこと添えましょう。

節句は昔から日にちが決まっている重要なお祝い事です。

お祝いを忘れることは失礼にあたりますので注意しておきましょう。

また、現金と品物の中間にあたる商品券を贈るのも、できれば避けたほうが良いでしょう。

やはりお祝い事には品物を贈り、家族・友人揃って子どもの幸せを願いたいですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ