チューハイとサワーの違い!

スポンサードリンク

居酒屋でも飲まれることが非常に多いチューハイサワーは、何で作られているかが重要な差です。

違いはなんでしょうか。

チューハイとサワーの違い

チューハイとサワーの違いとは



チューハイは焼酎、サワーはスピリッツをベースにカクテルのように作られているお酒です。

中でもチューハイは、ハイボールというウイスキーカクテルを炭酸で割ったものと混ぜられたもので、これと焼酎を合わせて呼ばれています。

どちらも結局はカクテルと言えます。

チューハイの特徴



チューハイでも、レモンやグレープフルーツのような風味が付けられている事が多いです。

アルコール度数もかなり低くなるように割られています。

また、焼酎やウイスキーを飲み過ぎてしまう人が肝臓のためにアルコール度数を下げるようにチューハイを選ぶ場合もあるようです。

サワーの特徴



サワーは、基本的に酸味が強く、チューハイよりもカクテルに近いお酒になっています。

基本的に350mlのお酒が多く、価格もかなり低いですね。

グレープフルーツやレモン、ぶどうやピーチなどの風味が人気で、オレンジ系のさっぱりしたものはどんなシーズンでも人気があります。

以上が、
チューハイとサワーの違いになります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ