交換と取り換えの違い!ためになるなー

スポンサードリンク

モノの交換や部品の交換、設備を取り換えたり、不良品の取り換えなど物を変えたりするようなものは表現を区別している感覚はあまりなくても、実はちょっとした意味の違いがあります。
交換と取り換えの違い

 

交換と取り換えの違いとは

 

交換取り換えも、結局は交換することなのですが、そのものによって使い方や意味合いが変わります。

お金とものをやりとりする場合には、交換といいますが、クルマのタイヤなどを新しいものに変える場合は、取り換えといいます。

交換はいわゆる物々交換・物品交換ですが、「取り換え」は、元々あるものを新しくすることを言います。

それが違いですね。

 

交換の例

 

交換する例としては、普段多くの人が行なっているお買い物で、物をお金と交換するようなものを指します。

さらに、机の上に置いてある筆記用具立てと電気台の位置を変えるときにも、場所を交換するといいます。

商売やその他の取引で、物と物を交換するようなことも、同じく交換といいます。

近年人気のリサイクルショップでは、自分の持っていたものをお店でお金に変えてもらいますが、これも交換の一種です。

 

取り換えの例

取り換えの例

交換に対して、取り換えというのは部品や電池を取り換える行為を指します。

家庭では、電池の交換や電球の交換、古い懐中電灯と新しい懐中電灯を替えたり、クルマのタイヤを変えたりすることを取り換えといいます。

取り換えでも「交換」といいますが、厳密には違いがあるようです。

しかし、特に使い間違えたからといって困ることはなく、通常は交換という言い方でもよいでしょう。

 

明確な違いは、第三者が関わるかどうかで、誰かと交換する場合は「交換」、自分自身や仮定の中で交換する場合には「取り換え」という表現をすると考えてよいでしょう。

家庭の中で最も多い「取り換え」は電池の交換や電球の交換、学生ならばシャープペンや消しゴムの交換が多いでしょう。

古いものを捨てて、新しいものにする場合には新調するという場合もありますが、結局の意味合いは同じと言えます。

それまで持っていなかった新しいものを手に入れる場合には、基本は購入するといいますが、用語としてはお金と欲しい物を交換するという事になります。


交換も取り替えもそれほど意味の差や違いはないですが、公式な書類や大勢の人が読むような場合には気をつけておくとよいでしょう。

商品として利用する際の交換用や取り換え用といった表現でも生かされるので、言葉に関して違和感がないように工夫するとよいでしょう。

生活においてはそれほど言葉は意識せずに、使いやすい方を使えれば良いものです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ