ひな祭りの由来を子どもに伝えるには?わかりやすく解説

スポンサードリンク

現在のひな祭りは、女の子が健康で幸せに育ちますようにという願いを込めたお祭りです。

子どもはひな祭りが大好きです。

由来を子供に伝える時、わかりやすく説明する必要がありますよね。

ひな祭りは、元々は中国の習慣でした。
ひな祭りの由来を子どもに伝える

 

ひな祭りの由来を子どもに伝えるには?

 

中国では季節の変わり目に災いが起きやすいと考えられており、3月の最初の巳の日(財運を司る神様の縁のある日で、縁起の良い日とされている)には水辺で身を清めたり詩歌を読んだりしていました。

この習慣が遣唐使によって日本にも伝えられました。

当時の日本では「禊の神事」と呼んでおり、天皇をお祓いするための儀式として位の高い人々が参加する行事でした。

それがやがて一般市民にも広がり、男女関係無く川のほとりで身を清めて災厄のお祓いをするようになりました。

元々は女の子のお祭りではなかったのです。

 

ひな祭りの由来!なぜ始まったのか?

 

では、なぜ女の子のお祭りとして始まったのでしょうか。

上級身分の行事がやがて市民にも広がり、日付が3月3日に固定されました。

当時は「上巳の節句」と呼ばれており、「五節句」のひとつとして定められていました。

「五節句」とは他に、「人日の節句(1月7日)」「端午の節句(5月5日)」「七夕の節句(7月7日)」「重陽の節句(9月9日)」があります。

どの日も健康や長生き、厄除けなどをお祈りする日です。

もともとは男女関係なく行われていましたが、「端午の節句」が男の子のお祝いであることから、3月3日を女の子のお祝いとして移り変わっていきました。

こういったひな祭りの由来を知る事で、 いっそう行事に対する理解が深まり真剣に考えるきっかけとなりますよね。

 

ひな祭り!何をするのか?

ひな祭りの由来

「上巳の祓い」では、草木や人形の紙で自分の体をなでて災いを移し、川へ流して祓うという儀式が行われていました。

これが現在の「流し雛」です。

また、平安時代には人形の紙とは別に、子どもが遊ぶ小さな人形がありました。

この人形で遊ぶことを「ひいな遊び」と言っており、身代わりとなって災いを引き受けてくれる人形の紙と、ひいな遊びの人形が結びついて「ひな人形」が誕生しました。

それまでは川に流すものでしたが、人形として飾るものへ変化し、上流階級では嫁入り道具の一つとして女の子に持たせるようになりました。

女の子のいる家庭では雛人形をその子の形代として飾り、無病息災と幸福を願います。

雛人形も最初は男女一対の人形のみでしたが、三人官女や五人囃子が加わるなどだんだんと装飾が増えていきました。

ひな祭り当日は甘酒や菱餅、ひなあられなどを食べてお祝いします。

和歌山・淡嶋神社の「ひな流し」


 

子どもにとって、ひな祭りとは?

ひな祭りと子供

子どもの無病息災や幸せを願うといっても、小さい頃はまだ理解できないかもしれません。

私自身もよく理解していないまま雛人形が飾られたり、ひな祭りの歌を幼稚園で歌ったりしていました。

きっと幼稚園や小学校の時に、ひな祭りについての話もあったのだと思いますがよく覚えていません。

小学生にあがる頃には雛人形も飾られなくなり、給食でひなあられが出るくらいでした。

子どもにとっては、美味しいものが食べられて女の子がなんとなく主役になる日、くらいにしか思っていないかもしれません。

自分が大人になる過程でひな祭りの意味をはっきりと知り、結婚して女の子が生まれたときに親の願いを込めてお祝いするという伝統が受け継がれているのかもしれません。

子どもに伝える時は、どうか簡単にかつ真剣に伝えてあげてくださいね♪

スポンサードリンク

このページの先頭へ