お彼岸で実家に!金額は?理解すれば楽しい

スポンサードリンク

お彼岸実家に帰る…その際、気になるのは金額ですよね~。

そこで、私が調べてみましたのでまとめます。

お彼岸で実家に

 

お彼岸で実家に行く際、金額はどれくらいが妥当なのか?

 

個別に法事を行う際の相場は3万円~5万円です。

夫婦など連名で包む時などは5万円を包みます。

お寺などで合同のお彼岸法事に参加する際は3000円~1万円を包みます。

自宅に僧侶を招いて先祖供養をしてもらう際はお車代などの交通費も含めて5千円~1万円を包むのが相場です。

初彼岸でも同じ金額で良いでしょう。

お彼岸の金額

 

そもそも、実家にお金を持っていくことはどうなのか?

 

自分の実家へはお布施としてお金を供えることはあまりしません。

地域によってはそのような習慣のある所もありますが、自分の実家でお彼岸の準備をする場合は仏壇を飾ったりお布施を親戚からいただいたりするのが一般的です。

結婚している場合、義理の実家へお金を持っていくことはあるかもしれません。

相手の実家から事前にいくら用意しておいてねと言われることもあります。

何も言われていない場合は、義理のご両親の考え方などを配偶者に聞いておきましょう。

手ぶらで来るなんて非常識な人だと思われないよう、下調べはしておいた方が良いです。

お金を持って行かないにしても手ぶらでは気が引けますよね。

 

秘密兵器はお供え物!

その際はお供え物を持っていくと良いでしょう。

デパートなどでお菓子の詰め合わせなどを選び、御供物専用の包装とのしを付けてもらいます。

仏壇には果物などの生ものをお供えするのが正式な形とされていますが、日持ちを考慮して近年ではお菓子でも良いという傾向にあります。

また、お彼岸用のお線香を贈るのも良いでしょう。

結婚後の義理の実家でお彼岸がある場合は最も悩みますが、配偶者と話し合って二人で贈り物をするほうが喜ばれます。

 

お彼岸って何をするの?


 

お彼岸の注意点

 

お布施の表書きは書式が決まっており、「御布施・お布施」と書きます。

表書きは無地のままで出しても問題ありません。

筆は薄墨でなく普通の墨を使います。

お札は半紙で包むか中袋に入れ、奉書紙で包むのが最も丁寧です。

奉書紙が用意できない場合は市販の白封筒でも失礼にあたりません。

その際は無地の封筒を用い、封筒の裏面に住所と金額を記入します。

地域によっても異なりますが、水引は必要ありません。

金額の表記の仕方は結婚式などの時と同じで、旧字体を用います。

お寺などの合同法事でお布施を渡す際は、入り口で受付の方に渡します。

自宅で法事を行う際は、準備などで慌しくしていますので全てが執り行われた後に渡すほうが親切です。

どうしても都合がつかずに直接出向けない際は、時期がずれたとしてもお墓参りに行くか、事前に御仏前や御供物を送っておくと親切です。

お彼岸はいつ?その秘密にせまる

スポンサードリンク

このページの先頭へ