2015年のお彼岸はいつ?その秘密にせまる

スポンサードリンク

春分の日と秋分の日それぞれを中日として前後3日間の、合計7日間がお彼岸とされています。

いつ?」と気になる方も多いようです。

 

2015年のお彼岸はいつからいつまで?

 

2015年の春のお彼岸は3月18日(水)~24(火)まで、秋のお彼岸は9月20日(日)~26日(土)です。

お彼岸の始まりを「彼岸入り」、終わりを「彼岸明け」と呼びます。

彼岸明け

 

なぜ春と秋にあるのか?

 

春分の日と秋分の日は太陽が真東からのぼって真西に沈みます。

この太陽の周期と仏教が関連してお彼岸という習慣がうまれました。

仏教では「彼岸」と「此岸」があります。

「彼岸」とは生死の海を渡って辿り着くとされる悟りの世界のことで、西に在るとされています。

「此岸」とは彼岸の反対で私たちがいる迷いや欲望で満ちた世界のことで、東に在るとされています。

昼と夜の長さがほぼ同じになる春分・秋分の日は、この彼岸と此岸の道が最も通りやすくなるという教えから、ご先祖様を供養する日とされました。

春分の日は自然を讃えて生物を慈しむとされ、秋分の日は先祖を敬い故人を忍ぶとされています。

また、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、季節の変わり目にもあたります。

春と秋の過ごしやすい気候に、家族でご先祖様へ感謝をしましょうという日です。

なぜ、春分の日の影の動きは直線になるのか


 

お彼岸の日の決め方とは?

 

春分の日と秋分の日は日付では決まっていないので、毎年同じ日ではありません。

それぞれ3月21日、9月23日頃とされていますが、前後にずれる年もありますので、それに伴って彼岸入りと彼岸明けもずれます。

春分の日と秋分の日はそれぞれ、国立天文台によって作成される暦象年表によって定められています。

暦象年表とは国民の祝日をはじめ、日曜表や太陽、月の位置、日の出入り、月食などが定められているもので、2月の第一平日に公開されます。

春分の日と秋分の日は、前年の2月に掲載された暦要項で決定されます。

太陽の周期が関係してきますので、天文観測に基づいていなければなりません。

よって、毎年同じ日ではなく前後にずれるのです。

お彼岸の日の決め方

 

お彼岸には何をすればいいのか?

 

お正月やお盆のような特別な飾りつけはありません。

家族が揃ってご先祖様のお墓参りや先祖供養を行います。

彼岸入りには仏壇や仏具をきれいに清め、お彼岸の期間中はお花やお供え物をして先祖供養を行います。

お彼岸の中日、つまり春分の日と秋分の日にお墓参りをする人が多いようです。

2015年のお彼岸

また、自然への感謝や祈りの日ということから、春の種まきや秋の収穫の目安ともされています。

特に農業を営む人にとっては大切な日なのです。

故人が亡くなって初めてのお彼岸は「初彼岸」といいます。

初盆や一周忌などもありますので、初彼岸だからといって特別大きなことをする必要はありません。

通常のお彼岸と同じような方法で良いでしょう。

お彼岸で実家に!金額は?理解すれば楽しい

スポンサードリンク

このページの先頭へ