ホワイトデーのお返し!義理の相場で一番大事なこと

スポンサードリンク

本命であれば貰ったものと同じくらい、またはそれより少し高めの金額が基本です。

日本でホワイトデー

ホワイトデーのお返しで、義理の相場はどれくらい?

 

市販のチョコやブランドチョコは、バレンタインデー用として売っているもので約3000円くらいです。

義理用のチョコだとだいたい500~1000円くらいが相場です。

例えば男性よりも女性の方が少ない会社の場合は、高くても一人1500~2000円くらいずつ出し合う計算で義理チョコを買っています。

それに合わせて、ホワイトデーの義理のお返しも同等の金額が良いでしょう。

貰ったものよりも高いお返しをあげてしまうと、女性は義理だったのに申し訳ないと感じたり、そんなつもりであげたんじゃないと思われたりします。

困っている男性向けに、デパートの特設コーナーはとても便利です。

金額別やお菓子の種類別に並べてあるので、もらったものと同じくらいの大きさ・量を見て購入するのがベターです。

また、和菓子チョコや百貨店限定お菓子などの変わりダネも喜ばれます。

味はもちろんですが、金額よりも見た目が可愛いものを選ぶことが大事です。

また、1000円以下でも可愛いお菓子がたくさんあります。

義理のお返しだと1000円以下でもOKです。

つまり、相場を気にするというよりは、安くてもOK…というのが結論です。

ホワイトデーのお返し(義理)

 

ホワイトデーのお返し(義理)は何を渡すのがベストなのか?

 

義理のお返しで間違いないのはお菓子類です。

チョコ、クッキー、マシュマロ、ケーキ、マカロンなどホワイトデー用のお返しは種類も豊富でかわいいものが多く、女性に贈って間違いありません。

実はお菓子にもそれぞれ意味があることを知っていますか?

クッキー=友達、マシュマロ=嫌い、キャンディー=本命、などです。

しかし義理としてのお返しなら言葉の意味もあまり気にせずに贈って問題ないでしょう。

特に職場の女性へまとめてお返しなどの場合は、「バレンタインのお返しです」「いつもありがとう」など一言そえて贈ると合格でしょう。

その他に、紅茶やジャム、お酒なんかも意外とウケが良いです。

博多のチョコレートショップ


 

どういう風に渡すのがベストなのか?

ホワイトデーのお返しの相場

職場の女性へまとめて渡す場合はランチの後またはおやつ時の時間をみて渡すのがベストです。

かしこまりすぎず気軽に手渡し、みんなに対して平等に渡すことが重要です。

変に気を遣ったりわざわざ人のいないところで渡したりすると、女性側も困ってしまいます。

本命ならしっかり面と向かって誰もいないところで渡すべきですが、義理のお返しは気を遣いすぎないことがポイントです。

 

義理のお返し!ギリギリな注意点はある?

ホワイトデーのお返し
義理で手作りのお返し
はタブーです。

女性に引かれるか、受け取ってもらえたとしても食べてもらえない可能性が高いです。

特にバレンタインデーで市販のものをもらった場合は、手作りのお返しはしないようにしましょう。

また、メッセージカードを添えるのも変な誤解を招きますので義理には必要ありません。

女性は必ずと言っていいほど、義理のお返しについてこっそり話して盛り上がります。

社内で義理のお返しを渡すときは、全員へ平等ということを忘れずに気軽に渡しましょう。

そして、ホワイトデーを乗り切りましょう。笑

スポンサードリンク

このページの先頭へ