ホワイトデーのお返し!本命の意味について最低限知っておくべきこと

スポンサードリンク

バレンタインデーにチョコをもらった場合、お返しに悩みますよね。

どんなものが好きかも分からず、デパートなどのホワイトデー特設コーナーで何気なく選んでいませんか。

ホワイトデーで手作り

 

ホワイトデーのお返し、それぞれの意味は?

 

職場の女性へまとめて購入、という男性も多いのではないでしょうか。

なんとなく可愛いお菓子やパッケージに惹かれた、相手の好きそうなお菓子だから、などという理由で選ぶかもしれません。

でもちょっと待ってください。

その選ぶお菓子、実はお返しに意味があることを知っていましたか?

 

・クッキー

選んで間違いのないクッキーは味も形もバラエティにとんでいて、ホワイトデーのお返しには多いお菓子です。

でもクッキーの意味は「友達」なのです。

味にも種類が豊富で失敗がなく無難なお菓子という理由です。

本命の子からチョコをもらえても、この意味を知らずにクッキーをあげてしまうと残念なことになるかもしれません。

 

・キャンディー

ホワイトデーのお返しでキャンディーはあまり聞きませんよね。

でもキャンディーの意味は「本命」です。

長く口の中に残りずっと味を楽しめるものなので、長く一緒にいましょうという意味があります。

チョコをもらった相手に、「私もあなたのことが好きです」と伝えたければ是非キャンディーをプレゼントしましょう。

ホワイトデーキャンディー

 

・マシュマロ

ホワイトデーの特設コーナーでマシュマロもよく見かけますよね。

普段あまり食べないだろうと思ってプレゼントすると、実はとんでもないことになるかもしれません。

マシュマロの意味は「嫌い」です。

わざわざお返しで伝えなくてもと思いますが、意外と女性はこの意味を知っている人が多いので気を付けたほうが良いかもしれません。

特に味もなく、すぐに食べ終わってしまう一瞬のお菓子だからという理由です。

ちなみにお菓子以外にも意味があるプレゼントがあります。

 

・ハンカチ

義理チョコのお返しや職場の女性へお菓子以外のプレゼントなど、かしこまりすぎないハンカチはプレゼントしやすいかもしれません。

でもハンカチの意味は「別れ」です。

あまり女性で意味を知っている人は少ないですが、「お菓子よりも普段使えるものがいいと思って」など軽くひとこと添えてみてはいかがでしょう。

 

ホワイトデー、本命にお返しはどうすればいいの?

 

本命の彼女には、お菓子よりも食事に誘ったり物をあげたりすると良いでしょう。

または、彼女の好きなブランドのスイーツを買ってきたり、お菓子とアクセサリーなどを組み合わせたりしても喜ばれます。

いつもは食べられないような、ちょっと豪華なスイーツのお店を調べておくのも女性にとっては嬉しいことです。

実はバレンタインデーで本命にチョコを贈った女性のうち2~3割が、お返しはいらないと思っているのも事実です。

お返しをもらうためにチョコをあげたのではないという理由からですが、本命をあげたからには何かしらのアクションが欲しいのも女心。

お返しに迷った場合は思い切って彼女にリクエストを聞いてみるのもアリかもしれません。



金額的にはどれぐらいがいいのか?

 

もらったものよりも金額が高いものをあげるのが基本です。

女性は意外と金額を気にしています。

自分があげたものよりも、明らかに金額が低いものをプレゼントされるとがっかりしてしまいます。

ホワイトデーのお返し(本命)

市販のチョコをもらった場合はだいたいの金額が調べられますので、リサーチしてホワイトデーに備えましょう。

手作りのお菓子をもらった場合は、だいたい3000円くらいのお返しが相場です。

逆にあまり高すぎるお返しだと女性も引いてしまいますので、さじ加減が難しいところです。

3000~5000円くらいのお返しがちょうどよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ