ホワイトデー名前の由来の真実とは?こっそり教えるぜ…

スポンサードリンク

かつて兵士の自由結婚禁止政策を破って結婚しようとしたある男女がいました。

ホワイトデーの名前の由来は?

その二人を救うためにキリスト教の聖職者バレンタイン司教はこっそりと二人の結婚を許し、2月14日に責任をとって殉教しました。

バレンタインデーという名前はバレンタイン司教が由来となっています。

その後あらためて、その男女が愛を誓い合ったのが3月14日だったことと、白(ホワイト)には「幸せ」「縁起が良い」という意味があることから、ホワイトデーと名付けられました。

これが名前の由来というわけですね。

バレンタインデーから1か月後というのもちょうどいい時期でした。

最初は「キャンディーデー」や「マシュマロデー」など各お菓子店によって呼び方が違ったそうです。

ホワイトデーの名前の由来

 

ホワイトデートリビア

 

九州ではホワイトデーにシャンパンを贈ろうという動きがあります。

お返しに何か改まって物を贈るよりも、食事に行くほうが自然で誘いやすいという理由からです。

男性がリードしやすく女性にも喜んでもらえるのが良いですね。

その時にシャンパンで乾杯をすることを「シュワシュワのお返し」と称しています。

ホワイトデートリビア

お酒の強い九州男児が考えそうなホワイトデーの贈り物ですね。

また今でこそマシュマロを贈ることは「嫌い」を意味するとされていますが、昔は別の意味がありました。

「君からもらったチョコを僕の優しさで包んでお返しします」という意味で、チョコマシュマロが贈られていました。

これは福岡のお菓子店で始まり、3月14日は「マシュマロデー」と呼ばれていました。

 

日本でホワイトデーはいつから始まったのか?

 

日本でバレンタインデーという日が定着するようになると、男性もお返しを贈ってはどうかという動きが出てきました。

贈り物をもらったらお返しをするという日本の文化から、もらっただけではなんだか申し訳ないと思う男性が多かったからです。

各お菓子メーカーが徐々にその活動を広めて、1978年に全国飴菓子工業組合によってバレンタインデーの1か月後の3月14日はお返しを贈る日としました。

当初は「マシュマロデー」として、女性にマシュマロを贈っていたそうです。

日本でホワイトデー

その後、1980年に東京で「ホワイトデー」という言葉が使われ、定着していきました。

つまり第1回目のホワイトデーは1980年の3月14日ということになります。

ちなみにバレンタインデーは1970年ころから広まったものですので、ホワイトデーができるまでには約10年の間があったということになります。

遠鉄百貨店 ホワイトデーフェア


 

他の国にもホワイトデーはあるの?

ホワイトデーというイベント(習慣)は日本でうまれました。

近年では韓国・中国などの日本に近いアジアで定着していますが、その他の国ではホワイトデーという習慣はありません。

 

本場アメリカでは…

ちなみにアメリカでは男女が贈り物をしあうのがバレンタインです。

チョコではなく、バラの花やアクセサリーなどをプレゼントしたり、レストランで食事したり、子供たちはカードの交換をしたり、と日本とは異なります。

どちらかというと男性から女性へのプレゼントが多いのもアメリカの特徴です。

義理チョコという習慣もなく、恋人へプレゼントするというのが前提です。

日本の女性にとってはアメリカスタイルの方が理想かもしれませんね。

ぜひあなたも名前の由来を知り、何倍もホワイトデーを楽しんじゃってくださいな♪

スポンサードリンク

このページの先頭へ