花粉症で咳が…何科に行けばいい?もう迷わない、正しい順序

スポンサードリンク

花粉症の辛い季節になってきましたね。

かくいう私も、花粉症で咳に苦しんでいます。

そこで今回は、咳に苦しんだ場合は何科に行けばいいのか?

まとめてみました!

花粉症の咳を止める

 

花粉症の咳を止めるためには、何科に行けばいいのか?

 

咳の原因がはっきり花粉症だと分かっている場合は耳鼻科へ行きます。

咳止めの薬や抗生剤を処方してもらいましょう。

初めて花粉症になった(花粉症の疑いがある)場合や、咳の原因が分からない場合はまず内科へ行って調べてもらいます。

咳だけでは風邪の可能性もありますし、呼吸器官系に原因がある場合も内科で判断できます。

また近年では咳喘息やPM2.5の影響からの咳も考えられますので、花粉症だと断定するためのアレルギー検査が必要です。

花粉症の症状はほとんどが鼻水、くしゃみ、目のかゆみです。

咳と一緒にこれらの症状が見られれば花粉症の可能性があります。

自分の症状をよくみて、耳鼻科か内科を選びましょう。

 

原因が分からない⇒内科

花粉症で咳が出るとわかっている⇒耳鼻科

これでもう「何科に行けばいいの!?」と迷う必要はありませんね!

花粉症は何科でみてもらう?

 

応急処置で咳を楽にしたい場合、どうすればいいのか?

 

咳の原因として、花粉の飛散のほかに乾燥と気管支の炎症が関係しています。

暖房のきいた暖かい部屋や、就寝前の布団で温まってきたときに咳が出やすくなります。

一時的に咳を止めたい場合は、自分の体温よりも冷たい飲み物を飲むのがおすすめです。

暖かい飲み物やお白湯は、逆に気管支を刺激して咳き込んでしまいます。

冷たい飲み物で気管支をクールダウンさせ、呼吸をゆっくりと落ち着かせることで一時的に楽になります。

また、寝るときの頭の高さも工夫してみましょう。

頭を高くして、首から胸までを斜めに見下ろすような体制になると器官の通りが良くなります。

 

個人的におすすめなのは、ドラッグストアなどで売っている「濡れマスク」の着用です。

常に適度な湿度が保たれるので乾燥で喉をやられることもなく、鼻の空気の通りが良くなります。

寝るときに着用すると、咳で目が覚めることもなくなります。

 

こりゃひどい…これを浴びたら、相当やばそうですね…笑

スギ花粉の飛散 Cedar Pollen Dispersal ( Shot on RED EPIC High-speed )


 

花粉症で咳が出る原因とは?

転居届とは

花粉のアレルギー反応によって発生する鼻水が、のどに流れ込んで咳が出ます。

花粉症から咳が出る人のほとんどは、夜寝ているときや朝起きてすぐという場合が多いかと思います。

横になる体制により鼻水が鼻の穴から出られずにのどに流れて詰まっていることが原因です。

花粉症と喘息は深く関わっています。

アレルギー性鼻炎を発症している人は咳喘息または気管支喘息も併発している可能性があります。

花粉が咳の直接的な原因ではなく、花粉症によって出た鼻水などの症状が原因で喘息も引き起こしている、ということになります。

また、秋の花粉症に咳が出る症状が多いことも分かっています。

花粉症は春というイメージが強いですが、夏の終わりから秋にかけて飛散する花粉でアレルギー反応を起こす人もいます。

具体的にはヨモギやイネ、スギ花粉です。

風邪でもないのに急に咳や鼻水、目のかゆみを感じたら秋の雑草アレルギーに反応したかもしれません。

 

対策は?

できるだけ外出時にはマスクを着用し、家の前で上着を脱いで花粉を落としてから帰宅しましょう。

家の中に花粉を持ち込むと、花粉の逃げ道がなく咳が止まらなくなり、咳喘息まで悪化してしまいますので注意しましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ