叔父と伯父の違い!相談するなら…

スポンサードリンク

親族間で、親戚に対してよく用いられる「おじ」という言い方には実は二種類言い方があります。

もちろん、「おば」にも同じ呼び方があり、これらはある条件で区別(つまりここが違い!)されているのです。

呼ぶ時には区別は必要ないですが、文字で示す時には気をつけてみるとよいでしょう。

叔父と伯父の違い

 

叔父と伯父の違い

 

叔父と伯父の主な違いは、その人が両親の兄なのか、弟なのかがポイントになります。

両親の兄弟の兄の方であれば「伯父」と呼び、弟であれば「叔父」というふうに呼ばれます。

また、女性の場合も同様に姉であれば「伯母」、妹であれば「叔母」と呼ぶ点が主な違いになっています。

これらの違いを注意すべきなのは結婚式やお葬式など冠婚葬祭の時が一般的で、物語や小説の登場人物でも書き方の違いで立場を区別することも多いです。

逆に言えば、叔父も伯父も「おじ」という発音なのでそれ以外では「違いはない」ということです。笑

親族関係ではそれほど気にならないものですが、失礼がないように気をつけておきましょう。

 

叔父とは?

叔父

世間一般に、子どもから見た「おじさん」は遠からず近からずと言った存在で、両親の兄弟であることもあり、意外と身近な存在に感じられることもあります。

子供のうちは大人の事情なども気にせずに接することもできますが、叔父は両親の弟にあたるため、立場と年齢で言えば両親の父親、または、母親よりも立場上は下とかんがえることもあります。

あまり立場などを気にする必要はないですが、目上の存在である兄や姉の子どもであれば無碍にもできないという叔父の立場も、大人になってからは理解した上で行動するとよいでしょう。

また、叔父は姉または兄として、両親の性格をよくわかっている人物の一人でもあり、もしかしたら祖父母よりも詳しいかもしれません。

思春期など親との喧嘩があった時などは相談するのに最適かもしれません。兄弟として長い間一緒にいたこともあり、人によってはかなり最適なアドバイスをしてくれるかもしれません。

 

伯父とは?

伯父は、両親からみれば兄にあたる人物で、目上の存在とも言えます。そのため、大人の事情などが分かるようになっていれば、少し距離を取るようにしてもよいでしょう。

避けるのではなく、親しみ過ぎたり、失礼な行動が無いようにしたりすることも大切です。

子どものうちは基本的に何をしてもそれほど怒られることはないですが、立場上は上の存在なので失礼をして、両親に負担をかけさせないようにする配慮も重要です。

さらに、伯父の方が、年齢が上ということもあり、くれるお年玉やお小遣いも大きくなる傾向があります。

子供ながらにその存在の力関係もわかっている場合もあり、親はそういった面でも注意しておいたほうが失礼がなく対応できるでしょう。

大人になれば知らなかったでは済まされないことも多いので、気をつけておくとよいですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ