ハイキングの持ち物チェックリスト!これだけは絶対やれ

スポンサードリンク

ハイキングには、絶対に持っていくものと、あった方が良いものがあります。

 

ハイキングの持ち物チェックリスト

 

ここでは項目別に分けてリストにしていきます。

 

・ウェア

上下が分かれていて長袖・長ズボンが基本です。

木や枝による怪我を防いだり、虫さされなどから守ったりもできます。

また、伸縮性のないデニムは避けて動きやすいジャージや登山用ズボンを着用しましょう。

肌着は薄手のものを数枚重ねて着ておくと体温調節がしやすくて便利です。

 

・防寒着

ウェアとは別に、脱ぎ着しやすいパーカーなども持っていきましょう。

天気や気温が変わりやすい山では、体温調節が重要です。

ウェアだけでは肌寒さを感じる場合がありますので、防寒着で調節しましょう。

また、フード付きのものだと雨をしのぐこともできるのでおすすめです。

 

・帽子

特に春から夏の登山では帽子は必須です。

頭から直射日光を受けると体力を奪われて体調不良になりやすく、最悪の場合は熱中症になってしまいます。

帽子で頭を守り、通気性の良いもので熱がこもらないようにしましょう。

 

・雨具

折りたたみ傘またはカッパも必ず持っていきましょう。

登山道の広さにもよりますが、カッパの方がおすすめです。

標高の低い山や登山道が広い山は折りたたみ傘でも良いですが、傘を持つことで片手が塞がってしまい動きにくくなります。

カッパは防寒としても使えますので、できるだけカッパを持っていくようにしましょう。

コンビニなどでも売っているビニールカッパでも十分です。

 

・飲食物

山での出店や自販機はほとんどあてにできません。

ジュースではなく水またはスポーツ飲料と、軽食を出発前に準備しておきましょう。

登山は季節に関係なく汗をかきますので、こまめな水分補給を心がけます。

おにぎりやパンなど、手軽に食べられるもので同時にエネルギー補給します。

疲れた時にすぐ食べられる飴やキャラメルも役立ちます。

 

・タオル、ティッシュ

タオルは登山中に首元にかけて登ります。

時にはマフラー代わりにもなります。

また、ティッシュはいざというときに使えますのでポケットティッシュを2個くらいは持っていきましょう。

登山途中のトイレにティッシュが常備されていないことも多く、特に女性は便利だと思います。

高尾山で雨が降った場合

下記の動画も非常に参考になります♪

日帰りハイキングの持ち物リスト


 

「あった方がいいもの」

 

・常備薬

特にハイキング初心者は、慣れない環境で体調を悪くすることがあります。

普段から飲みなれている頭痛薬や胃腸薬を1回分だけでも持っておくと安心です。

 

・医療具

爪切り、刺抜き、絆創膏などは、怪我の応急処置に役立ちます。

 

・懐中電灯

山道によっては薄暗く視界が悪い場所もあります。

また、急に天気がかわった場合や万が一迷子になってしまった場合など、人へ自分の居場所を伝える手段として利用できます。

 

・電池、バッテリー

懐中電灯の電池や携帯電話の予備バッテリーは持っておくと安心です。

高尾山ハイキング初心者

 

その他、ハイキングの持ち物で注意点はある?

 

荷物類は手さげではなくリュックに入れて持ち歩きましょう。

登山では両手をあけておくことが重要です。

険しい岩場などではステッキも使いますので、できれば両サイドにポケットのあるリュックを活用して、飲み物はポケットになおすと良いです。

ハイキング持ち物チェックリスト

また、必ず事前にハイキングルートを確認しておきましょう。

目的地までどのくらいの距離でどのくらいの時間がかかるのか、休憩ポイントはどこか、などを地図で確認しておきます。

同行者がいる場合は必ず同じペースで歩き、お互いにルートや体調を確認しあいましょう。

こうしたことを「するか?」「しないか?」で安全性が何倍も変わってきますからね。

次の記事は、服装の注意点です!

高尾山へハイキング!初心者の服装

スポンサードリンク

このページの先頭へ