学生と生徒の違いは情熱にあり!?

スポンサードリンク

学校に通っている子どもなどに使われる学生や生徒という言い方は、それぞれに児童福祉法では明言はされていません。

18歳未満の人は児童と総称されますが、実際は学生・生徒、どちらも混合して使われることが多いですが、その違いをしっかりと理解しておきましょう。

 

学生と生徒の違い

学生と生徒の違い

学生と生徒はその学びの環境や年齢で区別されています。

つまり、それが違いというわけですね。

主に中学生から高校生は生徒と呼ばれ、小学生は児童と呼ばれます。

大学や専門学校などで学ぶ人を学生と言います。

教育を受ける立場のものは生徒、自身で積極的に学ぼうとする人を学生と呼ぶような側面もあり、その勉学への取り組み方で区別されることもあります。

教育関係者は違いをしっかりと区別しておいたほうが良いかもしれません。

 

【学生の特徴】

学生という呼び方は専門学校・大学などに通っている人に対して使われ、2年制大学や4年制大学などまでを指す場合が多いです。

それ以上の大学院や博士課程のものに対しては学生ではなく、研究者という言い方をすることも多く、大学の学士を取得する段階までを指す場合がほとんどです。

専門学校では、主に美容系や看護系などの学科が多く、専門の職業スキルを身につけるような目的で利用されています。

また一般的な4年制大学には医学部・工学部・教育学部という種類に大きく分かれており、これも専門スキルを身につけるために活用されています。

高等学校でも専門課程を学べる場所はあり、こうした場所では生徒ではなく、学生と呼ばれることもあります。

また、教育機関の教師が呼ぶ場合は生徒、教育関係者以外の人が呼ぶ場合には学生という区別がされていることも特徴的です。

特に厳密な決まりはないですが、大学生に生徒を使う場合には、学びへの姿勢が大きく異なる場合もあり、少し気を遣ったほうが良いかもしれません。

 

【生徒の特徴】

生徒

生徒は、義務教育を受けている小中学生や高校生を対象に使われます。

主に受け身で勉強をしている人に使われるもので、年齢も若い場合が多いです。

勉強を自らすすんで行うというよりは、指導を受けたり、教育を受けたりする立場にいるというのが主な特徴と言えます。

また、学校指定の制服を来ている人を生徒と呼ぶ場合もあり、大学生のように私服で通っている人は生徒とは呼ばれないことが多いです。

もちろん、人によっては全ての生徒を学生と呼ぶ人もおり、厳密な区別はなく、教育機関で発行する書類や正式な書類で記載する場合には、こうした表現も必要になります。

たとえ、小中学生の生徒であっても、積極的に学んでいる人に対しては学生という呼び方をしてあげるのも良いのかもしれません。

こういった違いを普段から意識して、言葉を使っていく姿勢が重要ですよね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ