首都圏と関東地方の違い!意外と曖昧だw

スポンサードリンク

首都圏や関東地方という言い方はニュースなどでもよく使われますが、意外と明確な違いがわからないこともあります。

どこまでを首都圏と呼ぶのか、関東地方と比較して違いを理解しましょう。

 

首都圏と関東地方の違い

 

実は、首都圏と関東地方の違いは山梨県が入るかどうかだけの違いです。

関東地方という言い方は法的ルールはないですが、首都圏という言い方は法律でも定められた言い方なので首都圏のほうが厳密に言えば正しいということになります。

関東地方にあるのは、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県ですが、ここに山梨県を加えたものが首都圏という言い方になります。

気象予報などでは山梨県を含むかどうかで名称を変えたり、さらに地域を指定したりするような場合に区別して使われます。

また一般的な認識では日本の首都である東京に隣接しているかどうかを判断基準にしている人もおり、東京に隣接する、埼玉、神奈川、千葉、山梨が首都圏と認識されている場合もあります。

区別は特にデメリットがないものですが、認識の差がある場合もあるので、使い分けができると良いでしょう。


首都圏の特徴

首都圏

首都圏は、法律で定められた関東地方に山梨県を加えたものという認識と、東京都に隣接している地域という認識の2つがあります。

人によってなんとなく理解していることも多く、東京の周辺ということでそれほど明確な区別はしていない事も多いです。

便宜上、鉄道や新幹線、特急を活用して1時間弱で県庁所在地に行ける地域をまとめているような側面もあります。

東京圏、東京近辺などと呼ばれることもあり、大雑把な区別がされていることも多いですが、実際に法律で呼び方が定められているため、しっかりと覚えておいたほうがよいでしょう。

 

関東地方の特徴

関東地方

実は関東地方の呼び方は学校で教わることもありますが、法律などで決められた呼び方ではなく、学問上、分類しているだけのものです。

東北や甲信越、北陸など、明確な取り決めはないですが、だいたいの区分として利用されているのが関東地方という呼び方です。

地方区分で言えば、山梨県は甲信越または東海地方に入ります。

また、ニュースなどでは関東地方に山梨県が含まれていることもあり、それほど重要視されてはいない項目です。

首都圏という呼び方のほうがなんとなく関東地方よりも範囲が狭いと感じている人は、東京近郊という印象で考えている場合が多いです。

実際には、首都圏のほうが、範囲が山梨県が入る分、広いので注意しておくと良いでしょう。

言うほどの違いはないですが、大人の教養の感覚で覚えておくと良いでしょう。

関東地方には日本の総人口の35%程度が集まっており、首都機能としてはかなり重要な事もわかります。

関東地方、首都圏、どちらもニュースなどでよく聞く言葉なので、最低限の違いは知っておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ