定規と物差しの違い!目的によって違うようだ

スポンサードリンク

学校などでよく聞く定規と物差しですが、イメージするものはほとんど同じはずです。

小学校では竹で出来た物差しを使った経験もあると思いますが、定規と物差しは何が違うのでしょうか。

定規と物差しの違い

 

定規と物差しの違い

 

小学校では物差し、中学校からは定規という呼び方に変わったことに気づいた人もいるでしょう。

当たり前のように使っていた言葉ですが、それぞれに目的によって名称が異なっており、時には物差しが定規になることもあります。

定規は線を書くために使われる道具で、物差しは長さを図るだけに使われるものです。

小学校では長さの勉強をする時に物差しが使われたため、定規ではなく、物差しという呼び方が多かったのです。

もちろん、物差しでも線が引けますが、その際には物差しでも定規という呼び方をすることもあり、それほど厳しい違いはありません。

 

定規の特徴

 

一般的に知られている定規は三角定規で、直角三角形と直角二等辺三角形のものと横長の長方形の定規がセットで販売されているのを見たことがある人は多いでしょう。

分度器なども角度を知るために使われ、コンパスなどと一緒に使われたり、三角定規とともに平行線を引くために使われるので、定規に分類されることもあります。

また学校ではあまり使われないですが、雲形定規なども曲線を引くために利用されるので定規となります。

定規にもcmの目盛りがあり、長さを測ることはできるので、用途に応じて物差しという言い方をしても構いません。

基本的には、呼び方の違いで目的を示しており、厳密な違いを考える必要はないものです。

ただし、定規のメモリはずれてしまっていることも多く、性格な長さではない場合もあります。

安物の定規や使い古した定規は目盛り自体が擦り切れてしまっていることも多いので、長さを測る時にはしっかりとした物差しを活用したほうがよいでしょう。

 

物差しの特徴

 

物差し

一般的な物差しは竹で出来た頑丈な30cmの物差しを思い浮かべる人も多いです。

小学校では誰もが一度は振り回したことがあるこの物差しは、子どもの間では特に区別されることもなく、30cm定規と呼ばれることもあります。

学校などで道具箱の用意をする時に、物差しと書いてあれば、物の長さを測る目的があり、定規と書かれていれば作図に使われるため、三角定規を選ぶとよいでしょう。

物差しであれば、それほど厳密に竹製のものにこだわる必要はなく、物差しに準ずるものならば何でも良いと言えます。

 

利用目的を事前に明確にするために生まれた言葉とも言え、それほど明確な違いも無いですが、知っていればどこかで役に立つかもしれません。

特に製図や中学校の作図をする時には十分注意して用意するとよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ