転出届と転居届の違い!これだきゃおさえとけ

スポンサードリンク

引っ越しをするとなれば、役所にも様々な手続き書類を出さなければいけないことも多く、面倒に感じる人もいるでしょう。

住民票の変更などはしっかり行っておかないと行政サービスが受けられなかったり、生命保険の支払いができなかったりすることもあるので、転出届や転居届の違いを理解して、トラブルがないようにしておきましょう。
転出届と転居届の違い

 

転出届と転居届の違い

 

転出届も転居届も、今住んでいる場所から移動することを届け出るものですが、どこまで移動するかによって提出すべき書類が変わります。

県外や市外への引っ越しでは転出届、県内や市内の引っ越しでは転居届が必要になるといった違いがあり、基本的には市区町村に対して提出するものを指します。

住民票の書き換えや本籍地の変更をする場合には都道府県に届けなければいけない場合もあり、事前に書類を用意して届け出なければいけない場合もあります。

さらに違いを知るために、転出届と転居届を詳細に解説していきましょう。

 

転出届とは?

転出届



転出届は、市区町村外に移動する人が対象で、引っ越しをする前に申し出て、市区町村に申し出なければいけません。

事前に転出届を今住んでいる市町村に届け出て、新しく移動する市町村では転入届を出すことになります。

一般的に、これらの手続きは多少遅れても問題無いですが、転入届を先に出そうとすれば市役所などで確認され、転出届についても説明を受けつつ、書類を用意することになります。

特に違法性などはないので役所で相談していけばよいですが、途中、手続きが面倒になるので、早めに書類を出してしまったほうがよいでしょう。

 

転出届を出すと、転出証明書が渡されます。

この転出証明書とともに、転入した地域で書く転入届を一緒に新しい市町村に提出すれば、それだけで住民票も書き換えられるので、あえて住民票については確認しなくてもよいでしょう。

ただし、市町村が変わる場合には本籍地も変える必要があり、場合によっては本籍地の影響で生活に支障が出ることもあります。転出届は代理人や郵送でも手続きできるので、賢く活用していきましょう。

 

転居届とは?

転居届とは

 

 

転居届は、同じ市町村内で引っ越しをした時に提出されるもので、書類面での拘束はそれほどありません。

住民票も住所変更だけで済むので面倒な手続きはほとんどありません。

この転居届も郵送、または代理人によるものでもよいので、忙しい場合には本人ではなくても手続きできます。

 

転出届も転居届も近年は郵送で行えて、書類もインターネットからコピーできるので、出かけること無く手続きを済ませることも可能です。

忙しくなりがちな引っ越しの際には、どちらの場合も郵送を活用すると便利かもしれません。

書類は14日前後で提出すれば良いので、郵送でも十分時間があり、ゆとりを持って手続きが完了できるでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ