神父と牧師の違い!これだけは間違えちゃあかん

スポンサードリンク

キリスト教の教えを授ける協会の偉人という印象も強い神父や牧師ですが、それぞれに宗派のようなものが異なっています。

キリスト教にはプロテスタントやカトリックがあり、それに応じて言い方が変化するのです。

 

神父と牧師の違いとは?

 

神父はカトリックと東方正教会の聖職者を呼ぶ際に使われ、牧師はプロテスタントの聖職者に対して使われます。

カトリックでは、序列社会があり階級も決められています。その最高権力者がローマ教皇で、一般的な組織のように、大主教、長司祭、司祭などにわかれています。

それに対して、牧師は一般的な信徒と同じ位置にあり、カトリックのように信徒を統括するようなことはなく、一般的な信徒と同じ目線で信仰を深めます。

牧師は、教会の仕事以外には仕事をしていないことも多く、一般的な個人事業主に似た側面もあります。

 

神父と牧師の違いを例えるならば…

身近な相談にも乗りやすく、一般市民にとっては安心できる存在ということもできます。

牧師のほうが身近な存在で、カトリックの神父は会社の社長のような感覚で対応しなければいけない存在となっています。

これが一番の違いですね。

 

神父の特徴

神父

カトリックに準ずる神父は聖書に書かれていることだけではなく、ローマ法王の権力にも応じる必要があります。

縦社会の中で聖職者としての役務を行い、ローマ法王の意向があればそれに応じなければいけないという面もあります。

カトリックは教会でのミサの雰囲気や順序を重視し、聖書の内容についても違いがあります。

カトリックの神父の方が厳格で、階級が高い人は結婚が許されないなどの決まりもあります。

海外ではカトリックなのか、プロテスタントなのかでも区別されることが多いです。

何より、同じキリスト教でも考え方や価値観が異なっているため、争いの原因になることもあります。

また牧師との違いは、聖書には書かれていないことを信じなければいけないこともあるため、厳しさで言えば神父の方が上で、信仰においては厳格さも求められます。

 

牧師の特徴

牧師

牧師は、比較的ルールや決まりがあまりなく、聖書に書いてある内容や礼拝という呼び方をする点が神父と異なっています。

プロテスタントは聖書に純粋に従うため、何よりもまず聖書を大切にします。

しかし、カトリックではローナ法王の権力の下にあるとされるため、牧師の中にはカトリックはキリスト教ではないとかんがえる場合もあるようです。

もちろん、ローマ法王が全てを改編するわけではないですが、歴史上の起こりからも宗教に対する認識や解釈の違いはとても大きな問題になってきます。

プロテスタントの牧師の中には、聖職者用の服をまとわない場合もあれば、一般市民と変わらない生活を送っている人もいます。

カトリックに比べるとおっとりしている印象が強いのも牧師の特徴です。

神父も牧師も同じキリスト教を信仰する聖職者ですが、認識や価値観に違いがあるので、接する機会がある時には注意が必要です。

宗教が異なる人に対しては特に厳しさはないですが、念のため神父と牧師の違いを把握しておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ