保育園と幼稚園の違い!料金もバラバラ?

スポンサードリンク

保育園と幼稚園は約3歳から5歳の子どもを預ける場所と考えられている場合が多いですが、人によっては保育園に預けられないこともあります。

仕事をしているかどうかが関係してくる問題で、実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

保育園と幼稚園の違いと料金

 

 

保育園と幼稚園の違いと料金

保育園は主にお母さんが仕事をしているような両親共働き、または、シングルマザーやシングルファザーの家庭を優先的に預かり入れているところです。

それに対して、幼稚園は学校と同じような感覚で通わせることができ、基本的に定員人数が余っていれば入ることができます。

幼稚園は家庭の状況に関係なく、子どもを入れることはできますが、料金は自己負担になり、保育園は、一人親などは助成金が出ることもあり、負担は保育園のほうが軽いのが一般的です。

 

保育園の特徴と料金

保育園の特徴と料金
保育園は厚生労働省の管轄で、児童福祉法が適用されます。

保育士の資格を持っている人が業務に当たる必要があり、子育ての時間が足りない親の代わりに子どもの面倒を見るのがその仕事になります。

毎月の保育料は国や地方公共団体から補助されることもあり、一人親家庭ではそのほとんどは無料になり、後日返還されてきます。

給食費やおやつ代の負担だけで利用できることもあります。

保育園では勉強などはできませんが、自由に子どもが遊べることも多く、保育士の先生はその面倒を見るような形になるので、保育園に勉強を期待することはできません。

幼稚園と一番の違いは、そこにあるかもしれませんね。

また、フルタイムで働いている共働き家庭などは比較的気軽に入園できますが、それ以外の場合にはなかなか入れさせてもらえないこともあります。

料金については5000円~20000円が一般的で、国や地方公共団体の助成が受けられる場合には、3000円~5000円に節約できる場合もありますが、地域や選ぶ保育園によって大きく異なります。

 

幼稚園の特徴と料金

幼稚園の特徴と料金
幼稚園は、保育園と明確に異なるのが教育を指針に上げている点です。

文部科学省の管轄で学校教育法が適用されます。

幼稚園教諭免許を持っている人でないと勤務できず、大学などで取得できる教員免許の一つです。

保育園との違いは、長い時間子どもを預けられるわけではなく、朝9時から午後3時までの登園になるなど、親としてはお迎えの負担が生じる場合もあります。

両親共に共働きの場合には幼稚園に預けるのは難しいですが、中には延長保育の対応をしてくれている場所もあります。

さらに料金も地域によってバラバラなので、実際にお住いの地域の幼稚園のHPなどをみて確認するのが一番確実ですね。

教育や小学校準備を早めに行いながら子どもたちを遊ばせてくれるので、家庭だけではできない教育を期待できます。

保育園と幼稚園では、対象年齢も違いますが、近年は保育園需要の増加により幼稚園でも保育対応をしてくれる場合もあります。

それぞれの地域の事情や保育園のサービスによって異なっていますので、違いを意識しつつ、まずは相談してみることが大切です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ