筋トレの「超回復」は嘘だった?

スポンサードリンク

超回復とは?

「超回復」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

筋トレをやったことのある人なら、おそらく耳にしたことがあるでしょうが、一般にはあまり知られていないかもしれません。

超回復とは、筋力トレーニングの効果の一つです。

筋トレ後に、48~72時間くらいの休息を取ることによって、筋肉の総量がトレーニング前より増加することを言います。

筋肉を鍛え、強く大きく成長させるためには、「トレーニング・栄養・休息」の3つが必要です。

筋トレをすると、筋肉繊維が損傷したり、小さな断裂が起きたりします。

すると筋肉が縮んで筋肉痛が起きます。
(筋肉痛のメカニズムは諸説あります)

筋トレ後、48~72時間ほどで筋肉は修復されていきます。
回復後、筋肉が強く大きくなるというのが「超回復」なのです。

これははたして、本当なのでしょうか?嘘なのでしょうか?
筋トレ


医学的根拠はあるの?


超回復は、筋トレを行っている人たちの間では、比較的知られた理論ですが、懐疑的、もしくは否定的な立場を採る人も少なくありません。

・超回復理論の起源、提唱者、研究成果、学術論文が明らかになっていない。
・よって統一的な定義を出すことが困難である。
・一流のボディ・ビルダーで「超回復は間違い」と主張する人もいる。

などが根拠です。
筋トレの超回復
引用:http://kintore-diet.info/kintore-basics-knowledge/…

 

どう考えたらいいのか?

英語で「超回復」は“super compensation” です。
・super = 超
・compensation = 保障、埋め合わせ

が英語の意味ですが、
「回復」は本来、“recovery(リカバリー)”なのに、「保障や埋め合わせ」を意味する“compensation”が使われていることが、ポイントだと私は思っています。

あくまで私見ですが、こういうことです。

「筋トレ後、休息を取る」ことが超回復ではなく、「筋トレ後、休息を取り、プロテインなどのたんぱく質、アミノ酸を摂取したり、ストレッチや入浴をすることで傷んだ筋肉を“総合的に補う“”」ことが「超回復」なのだと。

 

賛成派、反対派の意見の食い違いも、私なりに分析しておきましょう。

筋トレを行うと、「筋肉が損傷すること」は、超回復の肯定派、否定派の共通認識ですし、医学的根拠も明白です。

意見が違うのは、筋トレ後、「48~72時間は休息し筋肉を休ませなければならない」とする賛成派に対し、反対派の主張は、「休息は必要だが、必ずしも48~72時間は必要ない。」というものです。

懐疑派、反対派にも立場やアプローチ、ニュアンスの違いなどが山ほどあって「筋肉痛が取れたら筋トレをやってもいい」という意見や「鍛える部分をローテーションすれば毎日行っても構わない」というものまであります。

【筋トレ】超回復とは?


 

■まとめ

現時点で私が思っているのは、超回復は存在するし、その効果も確かに認められる。

よって、嘘ではない。

でも筋トレ初心者、上級者すべての人に当てはまる理論ではない。

トレーニング内容(部位、追い込み方、負荷など)によっては、思うような効果が得られない場合もある。

筋トレを正しく行い、筋肉を休ませ、回復させる手立てを総合的に打つのが超回復である。

そして、超回復が、こんなに流行った理由としては、筋トレを始める人に向けての「敷居の低さ」をアピールできるためだと思っています。

「鍛える部分を変えて、毎日筋トレやりましょう」よりも「筋トレをやったら、2~3日は休んで下さい」の方が取っ付きやすいでしょ。(笑)

スポンサードリンク

このページの先頭へ