リンスとトリートメントとコンディショナーの違い!使い分けれる?

スポンサードリンク

髪の毛のケアは、女性にとってはとても重要で、いつまでもきれいで美しいヘアスタイルを維持するためには、トリートメントはとても大切なモノです。

しかし、リンスやコンディショナー、トリートメントといったケア用品は何がどう違うのでしょうか。

その違いを詳しく知れば、あなたのヘアスタイルもよりよい質感になるかもしれません。

 

リンスとトリートメント、コンディショナーの違いとは!?

リンスとトリートメント、コンディショナーの違い

主にリンスとコンディショナーは髪の毛の表面に働きかけるもので、内部にまでは影響がないものが多いです。

それに対してトリートメントは、髪の毛の内側にまで届き、効果のある成分を浸透させていきます。

また、どれもシャンプーで髪の毛の汚れを落としたあとに使用されるという点では共通しているところもあります。

種類によっては洗い流さずにそのままにするようなものもあります。

これらの違いを知ったうえで、用途によって使い分ける必要がある…ということですね。

 

男性が利用するのは主にリンスで、髪の毛の内部まで気にかけている人は少ないです。

女性の場合には、髪の毛が長いこともあり、一本一本にまで栄養が行き渡っていることが大切になることも多いです。

寝ぐせがとれにくいというような悩みや髪の毛にはあまり良くないセットをしなければいけない時には特にトリートメントで栄養を補給しておくと良いでしょう。


トリートメント、コンディショナー、ヘアパック、リンス等、何が違う?


【リンスの特徴】

リンス

リンスは価格で言えば、コンディショナーやトリートメントよりも安く、男性も使用することが多いです。

髪の毛の表面に働きかけて、傷や汚れがつきにくくしてくれます。

内部には効果が及ばないので、髪の毛の太さを変えたい場合や、髪の毛の質をアップさせたい場合にはリンスでは不足です。

しかし、保湿成分などはかなり期待できるので、水分を保持したい場合にはオススメできます。

香りが良いものも多く、香水代わりに使用できる便利なアイテムも出ています。

 

【トリートメントの特徴】

トリートメント

トリートメントは、髪の毛の内部にまで届いて、髪の毛を構成するタンパク質や細胞にまで元気を与えます。

髪の毛の枝毛が多い時や、パサパサした髪になっている時にはトリートメントをすることで、髪の毛に元気が戻ります。

トリートメントとリンス、または、トリートメントとコンディショナーを合わせて利用するとかなり魅力的です。

シャンプーで髪の毛をキレイにし、トリートメントで栄養を補った上で、コンディショナーなどを使用すれば、髪の毛の奥から表面までケアすることができるでしょう。

 

【コンディショナーの特徴】

コンディショナー

コンディショナーは扱いが難しいものですが、リンスよりも一回り効果が大きいものと考えるとよいでしょう。

髪の毛の表面に作用することが多く、リンスよりも表面のダメージケアができます。

コンディショナーにはリンスにはない乾燥耐性やダメージ耐性が付けられるような場合もあるので、環境の厳しい所で働くときや仕事のストレスが大きいような時に利用すると良いでしょう。

それぞれの違いを効果的に活用して、自信の持てるきれいな髪を手に入れましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ