ベランダとバルコニーとテラスの違いがお洒落すぎる…w

スポンサードリンク

一戸建てやマンションなどでも重視されるベランダの存在ですが、近年はバルコニーやテラスというような表現もされるようになってきています。

これらの違いはあまり明確ではなく、いまいちわからないという人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな、ベランダ、バルコニー、テラスの違いについてまとめています。

 

ベランダ・バルコニー・テラスの違い

ベランダは、主にアパートやマンションに多く、一戸建てでも2階部分で利用されていることがあります。

壁から飛び出したような空間で、洗濯物などを干せるようなスペースは主にベランダと言われます。

バルコニーやテラスは少しおしゃれな言葉にも思えますが、ベランダとの違いはかなり明確です。

 

【ベランダの特徴】

ベランダ

ベランダは、必ず屋根があり、壁からつきだしたような構造になっています。

前提として人が出入りする場所となっており、洗濯物を干したり、家庭菜園を行ったりすることもできます。

しかし、あまり強度はなく、重いものを長く置いておくと床が劣化して危険な場合もあります。

基本的に、それぞれの部屋に対して設置されており、空間は狭いのが特徴です。

落下防止用のさくがついている場合も多く、隣の部屋との隔壁があるのもその特徴です。

 

【バルコニーの特徴】
バルコニー

バルコニーは、ベランダと似ていることもありますが、下の階の屋根部分を使用したもので、多少せり出しているイメージもあります。

ベランダよりも空間が広く、家庭菜園などもし易い場合が多いです。

また、ベランダよりも手が込んだ作りになっている場合も多く、屋根がなく空を仰げるのもその特徴の一つです。

基本的に、一戸建てについていることのほうが多いですが、マンションなどでは高階層の部屋や最上階の部屋などについていることがあります。

特に下の階の屋根部分を利用したようなバルコニーはルーフバルコニーと呼ばれて、かなり高級感ある外観を持つようになります。

西洋風のデザインが採用されることも多く、デザイナーズハウスやデザイナーズマンションで利用されることも多いです。

 

【テラスの特徴】

テラス
引用:http://hirai.tegaki-japan.com/ind-shu-pars.html

テラスは、基本的に1階に作られるもので、1階の居住スペースを広げたようなものとなっています。

窓で仕切られていますが、テラスからは庭に出ることもでき、大きめの窓から屋内に入ることもできるようなものです。

これは一戸建てやおしゃれなカフェで見ることができます。

一戸建てなどを建てる時には空間があればテラスやバルコニーも考えるとよいでしょう。

屋内よりもこうしたエクステリアに工夫をこらしたほうが快適な暮らしが送れるでしょう。

こうしてみると、違いは「どういう目的でつくるか?」によるのかなー?と思いましたね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ