力士と関取の違いを知ると、相撲が面白くなる!

スポンサードリンク

相撲は日本の国技ともなっていますが、その詳細について詳しい人はあまりいないようです。

しかし、だいたいの区別はできるという人が多く、高齢者などでは相撲中継を好んで見るというような性質もあるようです。

今回は力士と関取の違いについて比較しましょう。

 

力士と関取の違い

力士と関取の違い

相撲をあまり知らない人にとっては、相撲をしている人はみな同じに見えてしまいますが、その階級や強さによって名称が異なっています。

おそらく、横綱や大関といった階級はご存知の方も多いでしょうが、それ以外に関してはあまり知られていないことも多いです。

関取はその階級のひとつで、十両や幕内といった上位の力士に対して付けられる呼び名となっています。

つまり違いというよりは、力士の中の上位階級が関取というわけですね。

 

【力士とは?】

力士

力士は、相撲をする人すべてを指す総括的な言葉です。

力士には下から序ノ口・序二段・三段目・幕下・十両・幕内というように階級が6つにわかれていますが、これらは全て力士という分類にされます。

力士はまげを結っているイメージが強いですが、実際には十両以上の力士にのみそのまげを結う義務が課せられており、それ以外にはまげは絶対のものではないのです。

このまげは、大銀杏と呼ばれることもあり、専門の結い師によって作られるものです。

力士の世界にも様々なしきたりや階級、ルールがあり、その違いを知れば相撲をより楽しむことができるでしょう。

 

【関取とは?】

関取
関取は、十両以上の力士が名乗ることのできる階級ですが、この関取になれば力士としても一人前ということができます。

しかし、まだ上には横綱や大関といった上位のものがおり、常に精進していく心構えが必要になります。

関取にもなれば本場所と呼ばれる力士の大会のようなものに連続で出場しなければいけないため、精神的にも肉体的にも強さが求められます。

怪我や身体の痛み、疲労を乗り越えて戦う必要があり、自己管理の能力も求められます。

力士は日本の国技を担う人物として人格や日々の生活態度なども重要視されてきます。

単純に強いだけではなく、人柄も重視されるのが相撲の難しいところといえるでしょう。(この辺は個々のキャラクターなどもあり、難しいですよね…具体的な名前は挙げれませんけど、笑)

関取という階級より下のものは、関取や自分よりも上位の者の身の回りの世話をしたり、稽古をつけてもらったりします。

相撲部屋の掃除や雑用なども行うこともあり、修行としてかなり多くのことに力を割くことになります。

関取でも相撲部屋によっては厳しい訓練や修行を課せられます。

関取になることは力士としてはひとつの目標でもあり、誇りでもあります。

相撲の仕組みを知って、相撲のおもしろさ、違いや魅力も分かるようになると良いですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ