サッカー・イギリスとイングランドの違い!なんで?

スポンサードリンク

サッカーが好きな人にはもはや当たり前かもしれませんが、イギリスにはイングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズの4つの国がひとつにまとまった状態になっています。

それぞれにワールドカップに出場することもできるため、イギリス代表というような呼び方がされないのです。

違いというよりは、イギリスの中でチームがあってその中のひとつがイングランド…ということですね。

 

イギリスとイングランドの違い

イギリスとイングランドの違い

イギリスは4つの国が合わさった地域をひとまとめにして呼ぶようなものです。

イギリスの正式名称も非常に長く、それぞれが異なった国となっています。

イングランドは、イギリスの代表のように思われていることもありますが、実際は代表ではなく、予選などで勝ち残る強いチームがいる国ということができます。

 

イギリスとサッカー文化

イギリスのサッカー文化

サッカーはイングランドが発祥と言われているほど、イギリスに馴染みがあるスポーツです。

特に、イギリスに属する4つの地域はそれぞれにルールが異なっていることもあり、非常にサッカーとのつながりも強いです。

ワールドカップなどを行うFIFAに対しても強い力を持っており、サッカーの発祥国というだけあって、その人気も力も大きいと言えます。

イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランド代表というように、ワールドカップの度にそれぞれの地域からチームが出場していますが、その中でも強いのがイングランドで、イギリスの代表のように考えられてしまっているのです。

日本でもイギリスのことを「England」と呼ぶことも多く、これが誤解を招く原因になっているとも言えます。

イングランドはイギリスを構成する1つの地域であり、サッカーとも関係が深い特別なところなのです。

 


【サッカーにおけるイングランドとは?】


サッカー界では、イングランドはサッカー発祥の地域でもあり、ワールドカップでもほぼ毎回強いチームとして認識されています。

そのため、非常に人気もあり、世界的にも知られている地域です。イギリスの中でも強豪チームがいると知られており、歴史的にも派閥や民族間でのしこりが残っているものでもあります。

色々な複雑な事情もありますが、イギリスの中ではそれだけサッカーが人気である証でイングランドもそのひとつのチームということができます。

地域ごとに強い選手をまとめてワールドカップなどに出場させるため、地域ごとに強さや選手も異なっており、イギリスとしてひとまとめにできないようなこともあります。

イギリスの人々にしてみれば、イングランドは地域のひとつでしかなく、それほどサッカーでの地位も高くはないものです。

それぞれの地域に根ざしたチームや団体にプライドを持っていることが多いため、次のワールドカップではそれぞれのチームのこともチェックしてみると、よりサッカーが楽しめるかもしれません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ