宅急便と宅配便の違いが意外すぎるw

スポンサードリンク

ネット通販などでも利用されることの多い宅急便や宅配便は、荷物をトラックなどで運び、私たちの家庭まで届けてくれる便利なサービスです。

引越業や運搬業などで生かされることもあり、非常に頼れる存在です。

呼び方の違いで宅急便と宅配便を区別されますが、その違いは意外な点にあります。

知っていればうんちくとして自慢できるかもしれません。

宅急便と宅配便の違い

 

宅急便と宅配便の違い

 

宅急便は、ヤマト運輸が商標登録している事業の名前のようなもので、宅配便とは意味合いが異なっています。

宅配便は荷物を運ぶ事業を行っている業者に総じて利用することができる言葉です。

宅配便はヤマト運輸以外の宅配サービスに対して使われ、佐川急便や日本郵便などの一部のサービスも宅配便に当てはまるものがあります。

 

【宅急便とは?】

宅急便
ヤマト運輸は日本の中でもかなり有名な宅配便業者ですが、そのサービスや事業名を宅急便というように呼称します。

特に、日本全国どこでも、クロネコのマークを掲げて走るトラックは宅配便として多く認識されており、人によっては宅急便という言い方を当たり前のように使用している場合もあります。

宅配便業者としては佐川急便や日通と同じですが、宅急便はヤマト運輸にのみ使用される名称です。

ネット通販を行っている人や宅配などを生業にする人は知っていたほうが良いこととも言えます。

 

【宅配便とは?】
宅配便

 

 

宅配便は、ほぼ全ての宅配・運搬業者に適用される呼び方です。

ヤマト運輸もその事業で行っているのは宅配便ですが、サービスとしては宅急便を名乗っているだけになります。

多くの宅配便業者で、段ボールで梱包された荷物を運んだり、特定の貨物を運搬したりするような仕事をしており、それぞれに得意分野が異なっている場合もあります。

荷物の運搬だけを行っている業者もあれば、引っ越しなどを請け負っているような場合もあります。

有名なものでは、日通や佐川急便、日本郵便があり、どの業者も日本国内で多くの事業を拡大しています。

ネット通販の事業者がそれぞれの宅配便業者と契約をして業務を行っていることもあり、利用するサービスによっては業者が決まっていることも多くなっています。

サービスごとに制服の色が異なっていたり、カバーしている荷物の範囲が異なったりしていることも多いので個人として依頼する時にはより範囲が広いサービスや料金が安いサービスを選ぶことも多いでしょう。

日本では、日本郵便の郵パックが最も知名度も高く、人気もあり、料金もお手頃です。

ヤマト運輸や佐川急便、日通もそれぞれにメリットがあるので地域などに合わせて活用できるとよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ