病院と診療所と医院とクリニックの違い!知らなきゃ損する!?

スポンサードリンク

病院の経営にも法律が関わっており、法律では病院と診療所、介護老人保健施設、助産所というような4つに分類されています。

このうち、病院と診療所は区分が異なり、患者を収容できる人数が関係しています。

具体的な違いは何なのでしょうか?

基本的に、病院は大きなものを指し、診療所・医院・クリニックは名称の違いのみで、比較的小さな医療機関や事務所を指して言うものです。
診療所と医院とクリニックの違い

 

 

診療所と医院とクリニックの違い

診療所も医院も、クリニックも法律上、違いはありません。

個人経営の診療所の屋号として、〇〇診療所、〇〇クリニックまたは〇〇医院というようなものはどれも同じといえます。

医師が自身で経営しているような所は一般的な店舗と同じようなもので、ベッドが20未満の場合は全て診療所という分類になります。

 

・診療所とは?
診療所
診療所は主に耳鼻科や歯科など、特定の治療をするために開かれている場合が多いです。

入院できる患者数も少なく、20人未満の収容しかできないところが診療所と言われます。

たとえ、施設が大きくても、収容人数が少なければ病院と名乗ることはできません。

診療所は比較的気軽に治療に行けるイメージが強く、すぐに診断してもらえるという希望を持って訪れる人もいるようです。

 

・医院とは?
医院
医院は診療所よりもかっちりしたイメージで、少しお堅い印象があります。

真面目さが強く、場合によっては病院よりも腕が立つような医師が在籍していそうだと思われていることもあります。

基本的に、歯科医院や内科医院、産婦人科医院など、ある程度専門性が高い診療所で使われていることが多いです。

歯医者などは特にこうした呼び方が多くなっています。

診療所という区別としては同じものですが、イメージの違いや雰囲気の違いが特に目立ちます。

医師としてもスキルに自身がある場合やまじめに治療をしようとする医師、高い技術に自信がある医師などが経営する診療所に多く医院という名が付けられている事が多いです。

 

・クリニックとは?
クリニック
クリニックは、診療所の分類の中でも特に気軽さがある所で、美容外科や歯医者などでも使用されています。

歯医者などはあまり診療所として好かれていないこともあり、より身近に感じてもらえるようにとクリニックという名称を採用している場合もあります。

ドリル音や治療が痛いこともあり、子どもでも怖い歯医者のイメージをなくせるように工夫されたものと言えます。また、

美容外科や美容整形を専門とする診療所では、近代的な印象を持ってもらうためにクリニックという名称を用いていることもあります。

患者がより気軽に通えるように工夫されているとも言えます。

また、美容外科などは中心とする病院の系列の診療所となっていることもあり、あえてクリニックという名称を採用していることもあります。

病院と診療所は明確に異なっていますが、それ以外に関しては診療所とほぼ違いはないということです。

病院選びや診療所を選ぶ時には多少参考にしてみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ