生ビールとビールの違いを徹底比較!何もそこまで…

スポンサードリンク

飲み会の席ではとりあえず生中を頼むのはもはや日本の文化とも言えるでしょう。

普段からビールを飲んでいる人はご存知かもしれませんが、生ビールとビールの違いはどこにあるのでしょうか。

今回は、この違いに焦点を当てて紹介していきます。

 

生ビールとビールの違い

 

基本的にビールは大麦を発酵させたお酒で、苦味や味わいはホップなどの添加物で変わってきます。

海外では、さくらんぼ風味のビールのようにフルーツの風味をつけたビールも多くあります。

大きな違いとして、生ビールは、加熱殺菌処理をせず、発酵に使われた酵母菌がそのまま残っているものを指します。

本物の生ビールは濾過もそれほどせず、出来立てのものを指すので、生産工場などで飲むものが生ビールといえるでしょう。

それに対して、加熱処理や殺菌処理を行ったものは生という単語がとれてビールとだけ呼ばれるようになります。

添加物が多いものや発酵を終わらせるために何かの薬品が入れられた場合にはそれもビールになります。

海外では、ビールサーバーから直接注がれたものであれば、どんなものでも生ビールと呼ぶので、日本と海外ではその認識に差があることも覚えておきましょう。

 

発泡酒や第三のビールとは?

 

近年は、ビールとは全く異なる、色も風味もビールに似せた発泡酒や第三のビールというものも出てきています。

生ビールよりも人気が高いこともあれば、ノンアルコールビールとして楽しまれていることもあり、ビールがより身近になった証とも言えるものです。

KIRINやASAHI、EBISUなどの主要なメーカー意外から出されているビールはそのほとんどが発泡酒や第三のビールに分けられることもあり、本物の生ビールとは違う飲み物と認識されることがほとんどですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ